リクルートが発表した大学ブランドランキングによると、高校3年生が志願したい大学は、関東は明治大学(4年連続)、東海は名古屋大学(4年連続)、関西は関西大学(5年連続)がそれぞれトップとなった。

 各地域の上位3校を見ると、関東は明治大学、早稲田大学、日本大学、東海は名古屋大学、名城大学、南山大学、関西は関西大学、近畿大学、神戸大学で、昨年から変化はなかった。

 関東では10位の千葉大学を除いて上位9校を私立大学が占めた。国公立大学と私立大学のどちらに行きたいかを聞いた質問でも過去5年間を通じて私立大学を希望する高校生が過半数を占めている。

 一方、東海では名古屋大学(1位)、三重大学(4位)、岐阜大学(5位)、名古屋市立大学(6位)、静岡大学(8位)、愛知県立大学(10位)の6校、関西では、神戸大学(3位)、大阪市立大学(5位)、大阪大学(7位)、大阪府立大学(9位)の4校が国公立大学となった。

 東海は3つの地域の中で国公立大学を希望する高校生の割合が最も高く、過去5年間伸び続けている。関西は2010年までは私立大学を希望する高校生が多かったが、2011年に国公立大学を希望する高校生が私立大学を希望する高校生の割合を上回っている。

 調査は、4月4日〜28日に実施し、関東、東海、関西の各地域の高校に通っている高校3年生1万2146人から回答を得た。

大学生の学力低下は本当か
英語での講義 7割の学生が賛成
ベイン・アンド・カンパニー 女性のためのキャリアセミナーのご案内

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。