受賞作は映画化の可能性も! 第13回「坊っちゃん文学賞」作品募集開始

写真拡大

夏目漱石の代表作「坊っちゃん」の舞台となった愛媛県松山市は24日、第13回「坊っちゃん文学賞」の作品を全国から募集する。

同賞は新しい青春文学の創造を目指して1989年の松山市市制100周年を機に創設。

斬新な作風の青春文学小説を隔年で募集し、大賞1作品ならびに佳作2作品を決定している。

審査員には、椎名誠氏、早坂暁氏、中沢新一氏、高橋源一郎氏が名を連ね、大賞受賞者には賞金として200万円を贈呈。

受賞作品をマガジンハウス発行の「クウネル」誌上に掲載する予定とのこと。

地元・松山市の敷村良子氏が第4回大賞を受賞した「がんばっていきまっしょい」は、単行本を出版後、映画化、さらにはテレビドラマとして全国放送されるなど、大きな反響を呼んだ。

ほかにも、単行本化をはじめ、テレビ・ラジオドラマ化された作品を生んでおり、文芸関係者以外からも注目を集めているという。

応募締め切りは2013年6月30日。

募集要項は坊っちゃん文学賞ホームページに掲載されている。



続きを読む