スガシカオらの歌声が五輪を熱くする! テレ東系五輪テーマソング配信開始

写真拡大

エイベックスは小林武史と大沢伸一(以下、敬称略)のユニットBradberry Orchestra(ブラッドベリイ・オーケストラ)が、ヴォーカリストにスガシカオ、Crystal Kay(クリスタル・ケイ)、Salyu(サリュ) を迎えて制作した楽曲「Physical」(フィジカル)を7月25日に配信開始した。

同曲はテレビ東京系ロンドン五輪中継のテーマソングとなっている。

Bradberry Orchestraは小林武史と大沢伸一の2人を固定メンバーとし、自由に音楽を創り出していくユニット。

今回、ボーカリストとして迎えたのはスガシカオ、Crystal Kay、Salyuの3名で、配信開始した楽曲「Physical」は、現代的なトラックに美しいメロディーが融合した壮大な仕上がりとなっている。

同曲について参加アーティストたちは以下のようにコメントしている。

「今回は震災だけじゃなく世界経済も難局に直面している中でのオリンピック。

そう考えている内にいろんなことが結びつけられる像が浮かんだ(小林武史)」、「ロンドンは自分にとっても思い出が多い場所。

そこで行われるオリンピックのテーマソングに携われることは光栄。

日本人選手にもぜひ頑張ってほしい(大沢伸一)」。

ボーカリストとして参加している3名は、「勝つ側だけじゃなく負ける側にもドラマがある。

アスリートのドラマとともに、この曲をみなさんの心に刻んでもらえたら(スガシカオ)」、「限界に挑戦し続けるアスリートのみなさんへ精いっぱいの敬意を込めて謳いました。

選手とオーディエンスのみなさんにとって、ドラマをサポートするサウンドになっていればいいと思う(Salyu)」、「世界が注目している一大イベントなので参加できて光栄。

この曲は選手のみなさんはもちろん、世の中の人たちも応援しているような曲です(Crystal Kay)」同曲のダウンロードはiTunes、レコチョクから行える。