スカンジナビア航空、コペンハーゲン - サンフランシスコの新規路線開設

写真拡大

スカンジナビア航空(SAS)はこのほど、成長を続ける米国路線を強化するため、週9便の増便を発表した。

2013年4月8日より、コペンハーゲン - サンフランシスコ間路線を開設して週6便の運航、そして2013年4月1日よりコペンハーゲン - ニューヨーク間の深夜便を週3便増便する。

同社にとって北米は、成長を続けている重要な市場であり、数多くの国際企業や北欧企業が米国の西海岸と北欧諸国を結ぶ直行便を強く待ち望んでいたという。

また、コペンハーゲンからニューヨークへの深夜便の増便を望む声も多かったとのこと。

こうした需要に応えるかたちで今回の新規路線の開設と増便が決定したという。



続きを読む