出井伸之(いでい・のぶゆき)  クオンタムリープ株式会社代表取締役ファウンダー&CEO。 1937年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。60年、ソニー入社。外国部に配属。2度のスイス赴任の後、68年にフランス赴任、ソニーフランス設立に従事。オーディオ事業本部長、89年取締役を経て、95年から2005年まで社長、会長兼グループCEO。エレクトロニクス、ゲーム、音楽、映画、保険、金融等の事業領域を持つグローバル企業へと成長したソニーを変革する。06年、クオンタムリープ設立、ファウンダー&CEOに就任。12年、NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ設立。アクセンチュアのアドバイザリーボード、百度の社外取締役、フリービットの社外取締役なども務めている。多彩な趣味でも知られ、ゴルフ、オペラ、ワインなどを嗜む。近著に『日本進化論』。

 多くの書店でベストセラーのランキング入りしている『媚びない人生』のジョン・キム氏。韓国に生まれて日本に国費留学、アジア、アメリカ、ヨーロッパ等3大陸5カ国を渡り歩き、使う言葉も専門性も変えていった著者が著したのは、ゼミの最終講義で卒業生に送ってきた言葉をベースにした人生論だった。今回は、キム氏の友人でもある、元ソニー会長で現在はクオンタムリープの代表を務める出井伸之氏との対談をお届けします。今、2人が若者に伝えたいメッセージとは。(取材・構成/上阪徹 撮影/石郷友仁)

街で偶然すれ違って、友達になった

キム 出井さんとの初めての出会いは、六本木ヒルズのけやき坂を歩いていたときでした。

出井 僕は、歩いて坂を登っていたんですよ。キムさんは降りてきましたね。

キム 出井さんだ、とすぐに僕は気がついたんです。それで、会釈をしました。

出井 僕は、誰だろう、と思って気になったんです。きれいな女の子とすれ違ったら、男は気になって見たくなるでしょう。あんな感じでしたね(笑)。

キム 出井さんの記憶にほんの少しでもイメージを残したいと、僕は思っていました。1993年から日本に留学していた僕にとって、ソニーの社長をしていた出井さんは本当に雲の上の存在。そんな人と、道ですれ違えるなんて、絶対に二度と訪れない機会だと思ったんです。

 出井さんの74年の人生と、僕の38年の人生が、初めて交差したわけです。せっかくつかんだこの唯一の接点を何かにつなげなければいけないと思いました。そうしないと、絶対に後悔すると。

出井 それで、メールを送ってこられたんですね。見事に印象的なメールでしたよ。ちょっと生意気というか(笑)。「私は誰も尊敬したことがありません。でも、出井さんにはお会いしたい」みたいなことが書かれていて。面白いことをいう人がいるな、と思ったんです(笑)。

キム なんとしてでも、お会いしたいと思っていましたから(笑)。そうしたら、オフィスにおいで、と言ってくださって。

出井 1時間くらい、しゃべりましたね。楽しかった。こういう出会いは、大事にしないといけないんですよ。男同士でも、男女でもね。

キム 僕は、出井さんのオーラを浴びながら話し合いがしたかったんです。僕にとっての出井さんのイメージは、透明性が非常に高い人、でした。本音というものが言いにくい日本にいながら、本音をどんどんおっしゃる。加えて、月刊誌『ゲーテ』の連載を僕は楽しみに拝見していたのですが、とても立体的な方だと思っていました。閉じた考え方がなくて、誰よりもグローバルでありながら、実は誰よりも日本のことを考えておられる。ぜひ、話をしてみたかった。

 実際にお目にかかってみると、本当にお若くてびっくりしました。今もエネルギッシュに活動しておられて、20歳前後の若者たちとでも、まったく違和感なく対話や交流ができる。世代も時間軸も超えてしまう。

出井 なんだか、いいところばっかり見ていますね(笑)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)