NHN Japan株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」の登録ユーザー数が、2012年7月26日時点で世界5,000万人を突破したことを発表した。

LINEはユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・メールが楽しめるスマートフォンアプリとして、日本をはじめ世界230以上の国や地域で利用されてる。

2011年6月23日のサービス公開から約1年となる7月2日には、登録ユーザー数世界4,500万人・国内2,000万人を達成。その後も、1週間に100万人以上のペースで堅調に利用者数を伸ばしており、7月16日にはカンボジア・ウクライナ・カザフスタン、17日にはロシア・ベラルーシ・ラトビアの各国App Store無料総合ランキングにおいても1位を獲得。

従来の中東・東南アジア地域に加えて、ロシア周辺諸国においてもユーザー数が急増したことを受け、4,500万ユーザー達成から約3週間で5,000万ユーザーを突破している。

なお、5,000万ユーザーを達成するのに要した期間は399日となり、Twitterの1,096日・Facebookの1,325日と比較しても急速なペースで利用者数が増加している計算となる。

NHN Japan広報よると、今後は2012年中に世界1億ユーザーという目標に向け、サービスの利便性向上やマルチデバイス対応、多言語展開などを引き続き強化していく一方、北米・中国市場にも本格的に進出し、更なるユーザー基盤の拡大をしていきたいとしている。

 「LINE」、登録ユーザー数が世界5,000万人を突破