シマウマとビントロングの赤ちゃんが生まれました -鹿児島・平川動物公園

写真拡大

平川動物公園(鹿児島県鹿児島市平川町5669-1)では、7月3日と7日にシマウマの赤ちゃんが2頭(メス・オス)と、6月11日に、ビントロングの赤ちゃんが3頭(性別不明)誕生したシマウマの赤ちゃんは、同園では1996年以来、約16年ぶりの誕生。

母子ともに元気で、母親が熱心に子育てを行っている。

一般公開は、赤ちゃんの状態や天候を見ながら、検討していきたいとしている。

2頭の赤ちゃん誕生により、平川動物公園のシマウマは計6頭となった。

一方のビントロングの赤ちゃんは、1997年以来約15年ぶりの誕生となった。

ビントロングは、東南アジアの森林にすむジャコウネコ科の動物で、体長60〜100cm、体重9〜14kg。

雑食性で小動物や果実を食べる。

母子ともに元気で、現在は子育ての真っ最中。

こちらも一般公開は、赤ちゃんの成長の具合を見ながら検討する。

3頭の赤ちゃん誕生により、同園のビントロングは5頭に。



続きを読む