トヨタ、SUV「FJクルーザー」に新色追加などの一部改良を施して発売

写真拡大

トヨタ自動車は24日、SUV「FJクルーザー」に新色追加などの一部改良を施して発売した。

価格は315万円から337万円。

今回の一部改良では、ホワイトルーフと組み合わせたツートーン仕様の外板色に、新色の「オレンジ」「グレイッシュブルー」などを含む全6色を設定した。

また、「オフロードパッケージ」には、砂地・岩石路などの路面状況に応じたエンジンとブレーキの自動制御により、ステアリング操作のみで極低速走行を可能とするクロ−ルコントロールを標準装備。

本格4WD車である同車の魅力を高めた仕様にしたとのこと。

エンジンは4.0Lの1GR-FE(V型6気筒DOHC)を搭載し、トランスミッションは5 Super ECT(スーパーインテリジェント5速オートマチック)を採用、駆動方式はパートタイム4WDとなっている。

乗車定員は5名。