Champion「MADE IN USA」ラインから手作業で染色加工されたスウェット発売

写真拡大

ヘインズブランズジャパンの展開するアメリカンスポーツカジュアルブランド「チャンピオン」は、「MADE IN USA」ラインの新商品として、1点1点手作業により染色加工を施した「後染めのリバースウィーブ スウェットシャツ」を発売する。

「MADE IN USA」は、素材調達から縫製までの全工程をUSメイドにこだわるライン。

このほど発売する新商品は、米国製のリバースウィーブ スウェットに、日本国内で染色加工を施した。

美しく繊細なグラデーションを駆使した2トーンカラーがポイントだ。

手作業による染め加工のため、どれひとつとして同じものがないのも特徴となる。

また、ポリエステルの縫製糸は、染まらない特徴を生かし、あえて白く浮き立たせ、デザインのアクセントになるように仕上げた。

「CREW NECK SWEATSHIRT」はインディゴの1カラー展開、サイズはS〜XL、価格は1万6,590円。

「PULLOVER HOODED SWEATSHIRT」は、ネイビー / ブラック / レッドの3色展開、サイズはS〜XLで、価格は1万8,690円。

「ZIP HOODED SWEATSHIRT」はネイビー / ブラック / レッドの3色展開、サイズはS〜XLで、価格は1万9,740円。

9月下旬より全国のジーンズカジュアル専門店、チャンピオンコーナー・ショップ、セレクトショップ、公式オンラインストア、ネットショップなどで販売を開始する。