松本零士『 オズマ』、自身のプロデュース船「ホタルナ」と期間限定コラボ

写真拡大

WOWOW開局20周年記念番組として放送された『松本零士 オズマ』のBlue-ray・DVDが8月24日に発売されることを記念して、8月31日(金)までの期間限定で松本零士デザインの観光船「ホタルナ」とのコラボレーション企画が実施される。

『オズマ』は砂漠化した未来の地球が舞台で、謎の超巨大移動物体「オズマ」を巡る人間ドラマとハイクオリティなSFアクションが交錯する時空ロマンス。

同シナリオは『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙海賊キャプテンハーロック』などで知られる松本零士が1980年代に執筆し、約30年ぶりに現代に蘇らせたことでも話題となった。

今回企画されたコラボレーションは、2012年6月に就航した松本零士デザイン観光船「ホタルナ」の船内アナウンスに『松本零士 オズマ』の登場人物達が登場するほか、同作のスペシャルデザインチケットの期間限定販売やスペシャルデザイン紙うちわが各乗船所内で数量限定で配布されるなど、「ホタルナ」にスポットを当てた内容となっている。

松本零士は2004年、「ティアドロップ(涙滴)」をイメージコンセプトに、客船「ヒミコ」をデザイン。

それから8年の歳月を経て、今度は宇宙船をイメージしたシルバー・メタリックの流線形ボディ「ホタルナ」をデザインした。

同船は隅田川では最大級の旅客船で、「月が輝く夜に、神秘な輝きを放つホタルが隅田川を舞う」という意味を込めて、”ホタル”とラテン語で月の女神を意味する”ルナ”という2つの言葉から命名された。