ギネス認定! 山形県加茂水族館クラゲ展示数記録

写真拡大

山形県鶴岡市の加茂水族館で、展示しているクラゲの種類がギネス認定された。

夏の暑さを忘れるような涼しげなクラゲの乱舞を見に行ってはいかがだろうか。

2012年4月、加茂水族館がクラゲの展示数世界一としてギネスに認定された。

その数30種類。

水族館の開館時間は年中無休、通常8:30〜17:00まで。

7/20〜8/20の夏休み期間は8:30〜18:00だ。

山形県鶴岡市は米どころで有名だが、また新しい名物が生まれた。

2012年4月に鶴岡市立加茂水族館のクラゲ展示数が世界一であるとギネス認定されたのだ。

ギネス社が提示した、刺胞動物門に属するクラゲの種類をカウントする、亜種はカウントできるが、種不明のもの(学名未決定のもの)はカウントできない、記録挑戦時にすべてのクラゲが生存していなければならない、すべてのクラゲは一般に公開されていなければならない、など厳しい条件をクリアしての認定だ。

その数は実に30種類におよぶ。

同水族館には海水魚、淡水魚、海獣ショーのほかに、クラネタリウムと呼ばれるクラゲ専門の展示ルームがある。

今年3月にリニューアルされたばかりで広々としている。

館内の展示方法も工夫を凝らしてあり、小型のクラゲを観察するためのルーペコナーや、ミズクラゲの生活史と題した成長の過程を展示したコーナー、また、ミズクラゲに給餌しながらの解説も一日4回開催されており、一般の水族館には無い趣がある。

また、ほの暗い展示室にライトアップされた多数の水槽が並ぶ姿は神秘的ともいえる独特な雰囲気があり、その中でゆったりと泳ぐ半透明なクラゲに気持ちも癒されるのではないだろうか。

30種類のクラゲの中には日本から3,000kmも離れたパラオ諸島で採取されたものや、目の前に広がる日本海から採取されたものなどバラエティーに富んでおり、ギネス認定されるのもうなずける。

また、予約制でクラゲ学習会も催されている。

小学校低学年コース、高学年〜一般コースに分かれており、高学年〜一般コースでは近くの海岸でクラゲを採取して観察できるレクリエーションも体験できる。

ただし、レクリエーションのみ期間は5月中旬〜6月末の開催となるので注意が必要だ。

館内の神秘的な雰囲気に浸った後は、お子さまの夏休みの宿題のお手伝いでクラゲの生態を学習するのも良いのではないだろうか。



続きを読む