じぶん銀行、四半期ベースで”初の黒字”達成 - 口座数増・カードローン拡大

写真拡大

じぶん銀行は24日、2013年3月期第1四半期の業績(2012年4月1日〜6月30日)を発表した。

これによると、2013年3月期第1四半期の経常収益は33億5,600万円(前年同期14億8,800万円)、経常利益は4,500万円(同13億400万円の損失)、四半期純利益は4,400万円(同13億500万円の損失)。

経常利益、純利益とも、四半期ベースで初の黒字となった。

黒字となった要因として、同行では、口座数が伸びているのに準じて業務純益が拡大したことや、個人向けカードローン事業が拡大したことなどを挙げている。