2012年上半期の「貿易収支」、”過去最大の赤字” - 液化天然ガスなど輸入増

写真拡大

財務省は25日、2012年上半期(1月〜6月)の貿易統計速報(通関ベース)を発表した。

それによると、上半期の貿易収支は2兆9,158億円の赤字となり、半期ベースで過去最大の赤字幅を記録した。

火力発電燃料の液化天然ガスや原粗油の輸入が膨らんだことなどが、赤字の主な要因と見られる。

上半期の輸出額は前年同期比1.5%増の32兆5,969億円で、3期ぶりの増加。

一方、輸入額は同7.4%増の35兆5,113億円で、5期連続の増加となった。

輸出品目については、自動車が前年同期比38.0%増、自動車の部分品が同16.3%増、金属加工機械が同17.2%の増加。

一方、半導体等電子部品は同9.1%減、プラスチックは同10.7%減、鉄鋼は同6.0%減となっている。

輸入品目を見ると、液化天然ガスが前年同期比49.2%増、原粗油が同15.7%増、通信機が同33.1%の増加。

反対に非鉄金属は同28.1%減少した。

地域別貿易動向を見た場合、米国への輸出額は前年同期比21.0%増の5兆5,755億円で、3期ぶりの増加。

輸入額は同3.6%増の3兆926億円で、2期連続で増加し、これらを差し引くと2兆4,829億円(同52.9%増)の黒字となった。

詳細は、輸出品目では自動車が前年同期比56.6%増、自動車の部分品が同28.2%増、原動機が同27.0%増、輸入品目では航空機が同164.2%増などとなっている。

対EUは、輸出額が前年同期比9.0%減の3兆3,977億円で、2期連続の減少。

輸入額は同3.2%増の3兆2,261億円で、5期連続の増加となった。

黒字額は3期連続で減少し、1,716億円(同71.8%減)にとどまった。

詳細を見ると、輸入品目では自動車が前年同期比13.9%減、半導体等電子部品が同38.0%減、輸入品目では自動車が同31.7%増などとなっている。

対アジアは、輸出額が前年同期比3.6%減の17兆6,584億円で、3期連続の減少。

輸入額は同5.2%増の15兆4,912億円で、5期連続の増加を記録した。

黒字額は同39.7%減の2兆1,671億円で、3期連続で減っている。

詳細は、輸出品目では鉄鋼が前年同期比11.6%減、プラスチックが同11.6%減、輸入品目では石油製品が同42.3%増、原粗油が同66.9%増などとなった。

対中国は、輸出額は前年同期比8.6%減の5兆8,711億円で、2期連続の減少。

輸入額は同4.2%増の7兆2,761億円で、5期連続で増加した。

赤字額は同150.6%増の1兆4,050億円となり、3期連続で拡大している。

詳細を見ると、輸出品目では鉄鋼が前年同期比17.4%減、原動機が同24.2%減、建設用・鉱山用機械が同49.7%減、輸出品目では通信機が同39.9%増、自動車の部分品が同40.3%増などとなっている。