阪急うめだ本店前コンコースにて、日本初の並列式エスカレーター6基が稼動

写真拡大

阪急電鉄は阪急百貨店うめだ本店前の南北コンコース1階に設置工事を進めていたエスカレーター6基について、31日より供用開始すると発表した。

6基のエスカレーターは並列タイプとしては日本初。

通行客の状況に合わせて上り・下りを適宜変更しながら運用する。

エスカレーターの高低差は約6mで、長さは約12m。

昇降速度と傾斜角度は一般的なエスカレーターと同じ。

供用時間は4:30〜24:30。

南北コンコースは、阪急百貨店うめだ本店と阪急グランドビルの間にある幅員約16.5m、高さ約9mの歩行空間で、阪急梅田駅方面と阪神梅田駅および地下鉄梅田駅・東梅田駅方面とを結んでいることから、通勤通学や買い物客などに多く利用される”阪急梅田のメインストリート”となっている。

今年秋に全面開通予定とのこと。



続きを読む