SMAP休業宣言!? 新要素『元気玉』と3DS連動も-『ドラゴンクエストX』発表会

写真拡大

スクウェア・エニックスは25日、ヒルトン東京にて8月2日にWii専用ソフトとして発売される『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(以下ドラクエX)の完成披露発表会を開催した。

まず最初に登壇した『ドラクエ』シリーズのエグゼクティブ・プロデューサー三宅有氏が「いよいよ8月2日、来週木曜日に発売となります。

”今回”は大丈夫そうです」と話して会場の笑いを誘うと、続いてゲームデザイナーの堀井雄二氏と本作のプロデューサー齊藤陽介氏が登場。

ここでオープニングムービーが本邦初公開される。

”人間”の男性キャラクターが、シリーズを代表するモンスター・ゴーレムに襲われ、そこに颯爽と現れた本作に登場する5種族の一つ”オーガ”。

”人間”の男性を救出した”オーガ”はひとりで旅を続けるが、巨大なモンスターを前に大ピンチに。

すると以前助けた”人間”の男性とそのパーティーが駆けつけ、ラストに高々と鳴り響くシリーズのメインテーマ――というまさに本作を象徴するプレイヤーとの繋がり、協力、そして変わらぬ『ドラクエ』の世界感が凝縮された素晴らしい仕上がりだった。

上映後に堀井氏は「これまでの『ドラクエ』は友達にどこまでいったとか、こんなことがあったとか話して盛り上がったと思いますが、今度は同じ世界で冒険できる。

実際にその辺に歩いている人が他のプレイヤーなんです。

すごくワクワクした世界になるはず」とオンラインの魅力を明かし、「オンラインだから(他の人と)パーティーを組まなきゃいけないと思う方もいるでしょうが、それだけではなく、ログアウトしているプレイヤーのキャラクターを借りてパーティーを組んで(サポート仲間)一人でも気兼ねなく冒険できる。

自分のキャラを誰かに使ってもらう”うれしさ”もある。

僕みたいな人見知りにはうれしいですね」とひとりでも複数でも冒険を楽しめるシステムに好感触の様子。

「これまでオンラインは敷居が高いというイメージもあったが、これまでオンラインに触れてこなかった人たちが(本作を)プレイしてくれると思うし、オンラインの世界も変わっていくんじゃないかと」と、自信を覗かせた。

そして齊藤氏から明かされた、実際にゲームを中断している時間を有効活用する新システム「元気玉」。

「元気玉」は休めば休むほど溜まっていき、次回ゲームを再開時に使用すると、モンスターを倒した時の獲得経験値、獲得ゴールドが倍もらえるというもの。

毎日プレイしなければ他のプレイヤーと差がつきやすいというオンラインゲームの常識を逆手に取ったシステムとなっている。

齋藤氏はオンラインゲームを継続して遊び続けることの難しさを挙げ「焦って進めればいいというわけではなくて、自分のペースで進められます」とオンラインへの敷居の高さを打破しうる「元気玉」について説明した。

さらに本作と連動させたニンテンドー3DS専用ソフト『ドラゴンクエストX 冒険者のおでかけ便利ツール』も新たに発表されている。

こちらはパッケージに封入されているダウンロードコードを使用し、8月22日より無料配信開始。

特に『ドラクエIX』にもあった「すれちがい通信機能」はさらにパワーアップしており、ニンテンドー3DSで「すれちがい」、その上でWii『ドラクエX』本編でも「すれちがい」が起こると「ダブルすれちがい」が発生するという。

この「ダブルすれちがい」を起こすと素敵な「ごほうび」があり、この詳細については後日明かされる。

そのほか、運営スタッフからの「お知らせ確認機能」、”フレンド登録”したプレイヤーの状態を確認できる「フレンド情報確認機能」、ゲーム内の施設「郵便局」を通じてフレンドと手紙のやりとりが可能な「郵便局機能」、各プレイヤーが出品しているアイテムが閲覧できる(購入は不可)「旅人バザー閲覧機能」、自分のキャラクターがプレイしていない時に「サポート仲間」として雇われている状況を確認する「サポート仲間雇われ情報確認機能」など、本編をプレイしていない時間も有効に使えるツールが満載となっている。