(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●周瑜、孔明に相談する!
水軍の蔡瑁が処刑されたとはいえ、曹操自身を含め曹操軍は強固な陣営なのは変わりありません。そこで周瑜は曹操軍を攻撃する計略を相談したのですが、孔明は周瑜と同じく火計を提案します。

※それによって彼の智略を恐れた周瑜は隙あらば孔明を抹殺したいと考えるようになります。

そうしているうちに蔡仲(蔡瑁の甥)が曹操軍から孫権軍へ降伏してきます。もちろん周瑜は見抜いたうえでその偽りの降伏を受け入れて利用する事を考えますが…。

孔明もそれを見抜きます。しかし、魯粛のミスで孔明は周瑜からお仕置きを受ける事になります。
●孔明、10万本の矢を集める!
周瑜は10万本の矢を揃える事を孔明に依頼します。しかも3日以内ですが…。もちろんこれは周瑜が孔明に責任追及させるための口実とするためなのです。

孔明は魯粛と共に曹操軍へ船を出して曹操軍にわざと矢を討たせて矢を掻き集める計略に出ます。それによりいとも簡単に10万本の矢を揃えます。これには周瑜も寝込んでしまいます。
●黄蓋と周瑜、苦肉の計を用いる!
周瑜に対して老将である黄蓋が「苦肉の計」を提案します。その計略は極めて黄蓋にとって過酷なものですが…。

翌日の軍議で、黄蓋は周瑜に対して故意に盾付いた罰で百叩きの刑を受ける事になります。それによって黄蓋は重傷を受け、間者の蔡仲を騙して曹操に嘘の情報を流す事を成功します。

※孔明も表面上は騙されたふりをします。

※その後、闞沢は曹操へ黄蓋の偽降伏の使者として向かい見事曹操を騙し切ります。

ラストで「鳳雛」である龐統も登場しますが、本日はここまで!

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第31話「謎の水上大要塞」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第30話「孔明の大論戦」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第29話「決戦! 百万対一万」

▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト