韓国では一般的に僧侶は独身であることが原則となっているが、「異性からモテず、絶望し出家を決意した」と語る僧侶のFacebookが韓国のネット掲示板で話題になっている。

ヒョボンという名前のこの僧侶は、19日、Facebookで「20代の私は異性に人気がありませんでした。(中略)結局どうしようもないという結論に至り、出家を決心しました。皆さんも諦めて出家しなさい。今になって考えれば若いころ、ラップやパンクをすべきだった」と、僧侶になった背景を語っている。

また、僧侶生活に関しては「早く出家するほど偉くなるのも早い。偉くなったらご飯と洗濯を悩まなくてもいい」とも語り、ほかにも「アイドルのPVはセクシーならばそれで十分。音楽性は問題ではない」「整形すること自体は問題ではない。整形しても可愛くないことが問題」など、僧侶らしからぬ投稿を続けている。

18日に開設されたばかりの彼のFacebookアカウントは、瞬く間に韓国ネットユーザーの間で話題となり、韓国ネット掲示板では「仏教徒に改宗しようかな」「本物のお坊さんではないのでは!?」「これは新たな宗教だね」など、様々な反響を呼んでいる。なお、ヒョボン氏が本物の僧侶か否かは未だ確認されていないようである。

【関連記事】
国仏教協会、韓国の曹渓宗組織委員会に憤慨の意
ユネスコ登録目指す韓国の『燃灯会』 街中が灯籠だらけ…ごり押しPRに自国内からも反発相次ぐ
7月2週目韓国オンラインゲームランキング“韓国国民の妹”IU、日本のアイドルにライバル心?目指すは「隣の妹」