テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

ダーリンハニー吉川コラム「1番ショートが夢だった」その29

最近のスカパーやケーブルテレビのチャンネル数はすごい。

もう把握するのが難しいほどたくさんのチャンネルがある。

0001
ものすごい数のチャンネル

スポーツ、格闘技、映画、音楽、ドキュメンタリー、アニメ、通販、旅、天気、食、ギャンブルなどなど。それぞれが細分化され、深くなり、興味があるドンピシャの番組にぶつかったときは快感ですらある。

「これこれ!こういうのが見たかったのよ!」

番組もどんどんピンポイントになっている。

手前味噌で恐縮だが、私も出させていただいている鉄道チャンネルもそうだ。

0002
鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは最近1周年を迎えたが、これはよく考えたらすごいことだ。

何がすごいって子供の頃、まだスカパーやケーブルテレビがなかった時代、いったい鉄道チャンネルができるなんて誰が想像しただろう。もっと昔、力道山の頃に比べたら意味不明に近いと思う。番組ならまだわかるが、一つのチャンネル自体のテーマが鉄道なのだ。

人の好奇心はすごいので、これからもっともっとチャンネルは増えていくに違いない。今でさえ数百のチャンネルあるのだから、100年後位には数千のチャンネルがあるのではないだろうか。

細分化、多様化、深化。

楽しそうなので、未来の新しいチャンネルを妄想してみよう。




fix002

24時間365日、バインダーのことだけを延々流すチャンネルである。『私とバインダー』、『今日の1冊』、『B1グランプリ』、『文具戦隊・バインダー』など、バインダーを扱った番組が見放題だ。他に文房具系だと『ノートチャンネル』や『ボールペンチャンネル』、『手帳チャンネル』などがあることだろう。


fix003

とにかく肉・肉・肉の肉専門チャンネルだ。24時間肉の映像に占められていて、お肉好きにはたまらない番組ラインナップになっている。『お肉ニュース2929』、『産地直送!ニクネット・ニクダ』、『朝まで肉テレビ!ド〜するド〜なる肉の焼き方』など画面は肉オンリー。もちろん『キン肉マン』や『マッスルミュージカル』も完全放送。嫌いな人が見ると多少辛いが、そんな方は『魚(うお)チャンネル』や『野菜チャンネル』、『ヘルシーチャンネル』が補完さているので安心である。


fix004

ぼんやりとした名前のチャンネルだが、寝て見る夢、将来の夢など、夢なら何でもオーケーのチャンネルである。『あなたの夢、私の夢』、『こんなん見ました』、『語ろう、ドリーミン・ドリーミン』、『突撃!隣の夢日記』など番組は多様である。時には解明されていない夢の仕組みを学術的に追い求めたり、夢や希望を語り合ったりする。まさに夢のあるチャンネルだ。『いい旅・夢気分』や『完成!ドリームハウス』も当然流れる。たまに『ドリーム・ウィーバーの使い方』などの映像も流れたりするが、24時間やるにはそれくらいのバリエーションが必要であろう。


fix005

風邪を引いたときにはこのチャンネルだ。まず出演者全員が風邪を引いている。総じて具合が悪そうだが、自分も引いていると「私だけではないんだ」と勇気が出てくるから不思議だ。全国予選もある『かぜ自慢』や、お昼のバラエティ『眠っていいとも!』、夏には『24時間テレビ〜風邪で仕事を休む』などがある。また年越しの『紅白風邪合戦』は季節も相まって風物詩となっている。もちろん予報や予防、お薬の情報もあるので見どころ満載だ。


fix006

これもかなりぼんやりしているが、とにかく大胆でダイナミックな映像しか流れないチャンネルだ。『THE爆破』、『プロ野球・場外ホームラン集』、『田上明のダイナミックT!』など豪快番組が放送されている。また人気番組『お笑いダイナミック!!!』はダイナミックなネタしか許されないという芸人には過酷な番組だが、その馬鹿馬鹿しさから10年以上も続いている。協賛はもちろんダイナミック・ダイクマである。

他にも

『人生相談チャンネル』、『バンド募集チャンネル』、『沼チャンネル』、『明朝体チャンネル』、『イヤホンチャンネル』、『嫌味チャンネル』、などなど、チャンネルを変えれば変えるほど多岐にわたっていて飽きることがないだろう。




考えながら思ったことは、あまり充実していても見る時間がなさそうだということ。それならば1000分割の『全チャンネルチャンネル』を作ればいいと思ったが、よく考えたら全然よくないと思いました。
続きを読む

この記事の元ブログ: これからの新しいチャンネルを考える