ヱヴァの目薬が「キターッ!」、零号機と初号機のカラーリングボトル。

写真拡大

参天製薬は7月25日、「キターッ!」でおなじみの爽快系目薬「サンテFX」とヱヴァンゲリヲンによるコラボレーションキャンペーン“人類爽快化計画”を開始した。

“人類爽快化計画”は、未曾有の眼精疲労が人類に蓄積された2012年、特務機関NERVが人類補完計画に加えて着手した新たな計画。目的も分からぬままシンジ、レイ、アスカ、そして“謎の少年”が招集され、人類爽快の道のため汎用ヒト型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、謎の暗号「K・I・T・A」を合い言葉に、眼精疲労からの開放に向けて行動を開始する――とのストーリーで展開されるキャンペーンだ。

製品としては、11月17日公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とのタイアップとして、「サンテFX ネオ」の綾波レイモデルと、「サンテFX Vプラス」の碇シンジモデルを投入。いずれもキャラクター仕様のパッケージで、それぞれ零号機、初号機のカラーリングのオリジナルボトルを採用している。

また、キャンペーンの公式サイトでは、「ヱヴァの世界へ 第3東京市へようこそ!箱根高級温泉宿泊券」(1組2名)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 描き下ろしプラチナ製チケット」(各種1名ずつ計4名)、「ヱヴァンゲリヲン ポータブルナビ」(3名)が当たる“答えて当たるキャンペーン”を実施。

さらに製品パッケージのバーコードで応募する“買って当たるキャンペーン”では、「描き下ろしQUOカード(500円分)」や「眼力判定風ポスター」「A4クリアファイル」「描き下ろしジグソーパズル」など、総計3,000名にオリジナルグッズをプレゼントする。

なお、キャンペーン公式サイトでは、ほかに爽快度がわかるコンテンツ「爽快度判定」が公開されているほか、冬月コウゾウによる重大発表があるというオリジナルムービーの登場も予告。ムービーはその後も第3弾まで登場する模様なので、ファンは注目しておきたいところだ。