(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、孫権から江東へ誘われる!
孫権の使者として諸葛瑾が劉備の元へ参ります。しかしこれは劉備を暗殺しようとする周瑜の罠(諸葛瑾は気付いていないようですが)。

劉備は孫権の同盟の話について快く引き受けるも、関羽は密かに劉備の護衛として追います。
●劉備・孔明、周瑜の手下に襲われるも
江東へ着いた劉備は周瑜の手下に襲われてしまいます。しかし、追いかけてきた関羽により難を逃れます。同時に孔明も弓矢により大怪我を負います。

しかし、それは孫権の意では無く、彼の考えは劉備との同盟にあります。曹操の使者としてやってきた夏侯淵を追い返します。

※貞姫がかつての妻であった淑玲と良く似ていた事に驚く劉備。
●水上の大要塞
曹操は水軍を7,000隻を構えているはずなのにその姿が見えない。その事を孔明は不審に思います。そこで自ら魯粛と共に斥候に入ると水引きで現れる水上の大要塞を発見します。

一方、曹操軍の水軍大都督である蔡瑁。彼の水軍の調練は曹操軍の水軍最大の武器となっています。そこで孔明は一計を案じます。
●蔡瑁、曹操に処刑される!
孔明は周瑜に対して古い友人が訪ねてくると予言します。すると周瑜の古い友人である蒋幹が訪ねてきました。もちろん蒋幹は曹操の配下、周瑜の引き抜きにかかったようですが…。

もちろん周瑜と孔明は蒋幹の目的はお見通し。宴会で酔ったふりをして蔡瑁と内通しているという偽手紙を蒋幹にわざと見せます。

蒋幹は曹操の元へ戻り手紙を見せると、曹操は激怒!その場で蔡瑁を処刑してしまいます。

※周瑜と孔明は曹操軍の水軍は蔡瑁がいるため厄介と考えていたようで、周瑜と孔明の策略が大成功となります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト