アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの母親の関係が、再び試されているようだ。

<Huffington Post>によると、事の発端はブラッドの母ジェーン・ピットさん(写真右)が最近、孫のシャイロちゃんに"女の子らしい"洋服を買い与えたこと。6歳のシャイロちゃんはボーイッシュなスタイルで知られているのだが、これは母親のアンジェリーナが子供たちに自分で自分の服を選ばせていることにある。だがジェーンさんには違う考えを持っていて、あえて女の子らしい洋服を買い与えているとか。

『Evening Standard』紙は、アンジェリーナはジェーンさんの一連の行動を"失礼だ"と考えているそう。情報筋は同紙に「シャイロちゃんが男の子のような服装を好むのは、よく知られた話です。ですがジェーンさんは妖精のようなコスチュームやお姫様チックなドレスを買うことに固執しています。アンジェリーナはそれを(シャイロちゃんの好みを無視する)とても失礼な行動だと思っているのです」

以前から多少ぎくしゃくした関係ではあったアンジェリーナとジェーンさん。アンジェリーナはジェーンさんが最近、地元ミズーリ州の『Springfield News-Leader』紙に同性婚の合法化に反対する投書をしたことに怒りを覚えているという。なぜなら、アンジェリーナとブラッドは同性愛者の権利を支援するセレブだからだ。

情報筋は『Star』誌に「アンジェリーナはブラッドに母親を"教育"するよう言ったのですが、彼はかなりのマザコンなのです」とコメント。「ブラッドがジェーンさんに話をしないのであれば、アンジェリーナが直談判に行くでしょうね。有名セレブの母親として、息子の政治的意見とぶつかる投書はすべきでない、と」。ちなみにジェーンさんは以前、アンジェリーナに自分の名前を浮き彫りにした聖書を贈ったこともあるそうだ(アンジェリーナはキリスト教信者ではない)。