年収1000万円以上のビジネスパーソンを対象とする転職サイトを運営するビズリーチが、登録会員を対象に実施したアンケート調査によると、始業前の時間を利用して勉強、運動、仕事の準備、読書などの「朝活」の経験者が6割に上ることが分かった。

 調査結果によると、「現在朝活を行っている」(37%)、「以前行っていたが現在は行っていない」(24%)で、「朝活」の経験者は61%だった。

 朝活の内容(複数回答)では、「メールチェックや仕事の準備をする」(71%)、「新聞やネットでニュースをチェックする」(68%)が多く、「本や雑誌を読む」(36%)、「資格や語学、仕事に役立つ勉強をする」(32%)、「運動する」(30%)が3割を超えている。
 
 朝活を行っているビジネスパーソンのうち、通常の起床時間に比べて1時間以上早起きをしている人の割合が約半数(47%)。

 朝活を始めて良かった点(複数回答)を聞いたところ、「時間を有効に使えるようになった」(78%)、「生活のリズムが整った・体調がよくなった」(56%)、「仕事がはかどるようになった」(40%)などが挙がった。

 調査は、5月14日〜5月20日に、転職サイト「ビズリーチ」登録会員1995人を対象に実施した。

氷河期に就活、「リベンジ転職」考える20代
正社員の不足が続く、中途採用予定が増加
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。