ボーナスは手堅く貯金。ママたちの消費意欲はマイナス傾向 -ママこえ調査

写真拡大

55万人の親子をネットワークし、 子育てママを対象にしたマーケティング活動をサポートするマインドシェアは、ママの声を集めたランキングサイト「ママこえ」で、「2012年夏のボーナスの使い道」についてアンケートを実施した。

「夏のボーナスの使い道」について聞いたところ、第1位は「手堅く貯金」で44%。

第2位の「返済に利用」が16%。

第3位は「生活費の補てん」が14%と、生活を維持していくために使うと答えた人が多かった。

第1位の「手堅く貯金」は、昨年の同調査では37%だったので、大幅に割合が増えたことになる。

昨年3位の「旅行」は、今年は第4位へとランクダウンした。

レジャーに使うと答えた人はわずか2%に止まった。

自由回答でも、「ボーナスがでたときくらいしか貯金できない」「今のうちにためておかねば、将来子どもの学費もかかるので」などのコメントが目立ち、庶民のサイフがギリギリの状態にまで追い込まれていることがわかった。

アンケート結果は「ママこえのランキングページ」で閲覧できる。