新宿区名誉区民の草間彌生 クリエイターズ・フェスタで作品展示

写真拡大

 新宿が舞台の巨大アートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ2012」が、8月24日からスタートする。第2弾となる今回は、前衛芸術家として活躍する他、2012年春から新宿区名誉区民を務める草間彌生の代表的なモチーフを集めた特別企画を実施。前回好評を得たという学生によるアート・コンペティションの第2弾も行われる。会期は9月2日まで。 草間作品がクリエイターズ・フェスタにの画像を拡大

 2011年10月に行われた第1弾「学生クリエイターズ・フェスタ in 新宿 2011」は、「繋がりの誘発」をテーマに学生や若いクリエイターが参加する新たな試みのアートイベントとして初開催。歌舞伎町周辺を会場にコンペティションやフォーラム、ライブステージなどの多彩なプログラムで新宿の魅力づくりやイメージアップを狙う取り組みが行われた。 「アートと過ごす夏時間」を掲げて開催される第2弾「新宿クリエイターズ・フェスタ2012」では、3月から新宿区名誉区民に就任した草間彌生の特別企画を実施。草間彌生がこれまで手がけてきたカボチャのバルーンオブジェなどの代表作品が新宿NSビル1階に展示される他、草間彌生の活動を追った2008年公開のドキュメンタリー映画「≒草間彌生〜わたし大好き〜」の上映会が、紀伊国屋ホールと工学院大学のアーバンテックホールで開かれる。また、CGアーティストの河口洋一郎による進化型宇宙生物の立体造形作品の展示や、ニワンゴ代表取締役社長の杉本誠司による「niconico×メディア変革」と題した特別セミナーなど様々なイベントを展開する予定。第1弾で好評を得たという「学生アート・コンペティション」は、前回の21校から35校に参加大学・専門学校数を大幅に拡大し、新宿駅の高層ビル街や劇場、ホールなどで「空間デザイン」と「デジタル映像」の2部門約110点の作品を披露する。■新宿クリエイターズ・フェスタ2012〜アートと過ごす夏時間 会期:2012年8月24日(金)〜9月2日(日) ※一部8月18日から開始 会場:新宿駅周辺と歌舞伎町の公共の空間・施設、民間施設など 例)西口の高層ビル街、大学・専門学校、新宿モア4番街、シネシティ広場、区立大久保公園 他 URL:http://www.sccf.jp/