米テレビ界のアカデミー賞とも称されるプライムタイム・エミー賞。今年のそのノミネート作品が発表された。

連続ドラマ部門の最多ノミネートはやはり、『MAD MEN』の17部門。今年の新顔はShowtimeの『ホームランド/Homeland』で、作品賞や主演男優賞(ダミアン・ルイス)、主演女優賞(クレア・デインズ)にノミネート。一方、『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』も同部門で作品賞や主演男優賞(ヒュー・ボネヴィル)、主演女優賞(ミシェル・ドッカリー)など計7部門にエントリーした。もしかしたら『MAD MEN』の快進撃を打ち破るかも?

20代の女性4人が主人公のHBO『ガールズ/Girls』はコメディー部門にノミネートされ、クリエーターのレナ・ダナムも主演女優賞にノミネートされた。コメディー『パークス・アンド・レクリエーション/Parks and Recreation』からは、『サタデー・ナイト・ライブ』出身のエイミー・ポーラーが同じく主演女優賞候補となった。

嬉しいサプライズとなったのは、コメディー部門の助演男優賞に『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』のシュミットことマックス・グリーンフィールドがノミネートされたこと。同作からはまた、ズーイー・デシャネルが主演女優賞にエントリーしている。一方、昨年主演女優賞にノミネートされた個性派女優マーサ・プリンプトンは、今回は『グッド・ワイフ』でゲスト女優賞候補となっている。

今年の授賞式は2012年9月23日(日)で、米ABCで放映される。司会を務めるのは人気コメディアンのジミー・キンメルだ。

ノミネート一覧(フォトギャラリー)

<今年のプライムタイム・エミー賞のノミネート作品が明らかに>