TOTO 「ウォシュレットG」が「機械遺産」に認定
TOTOが1980年に製造・販売を始めた初代ウォシュレット「ウォシュレットG」が、一般社団法人 日本機械学会 による「機械遺産」に認定された。家庭で使用される機械が「機械遺産」に認定されるのは今回が初めて。
今回の認定は、初代ウォシュレット「ウォシュレットG」が新しいトイレ習慣を創造し、国民生活に対して貢献した機械として歴史的価値が認められたもの。8月7日(火)に、日本学士院(東京)にて認定証が授与される。