【女性編】外にいるときどうしても泣きたくなったらどうする?ランキング


だけど、涙がでちゃう。女の子だもん





仕事中や転職活動中など、外にいるときにどうしても泣きたくなるときはありませんか? いざ自分が泣きたくなっている瞬間には、ほかの人の対応方法を参考にする余裕もない私たち。そこで、この機会に、外出中にどうしても泣きたくなったらどうするか、マイナビ会員の女性584名に聞いてみました。





Q.外にいるときにどうしても泣きたくなったらどうしますか?(複数回答)

1位 トイレなどひとりになれる場所に行く 51.7%

2位 うつむく 16.1%

3位 目がかゆい、痛いフリをしてごまかす 14.4%

4位 ほかのことを考えて、なんとか気持ちをそらす 14.0%

5位 気にせず、そのまま泣く 13.2%







■トイレなどひとりになれる場所に行く

・「気持ちを落ち着かせることができることと、まわりの人に目立たないようにしたいからです」(25歳/情報・IT/技術職)

・「仕事などで失敗して泣きそうなときはすぐにトイレへ行ってこっそり泣いているので」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「泣くのを止めようと思っても止まらないが、見せられないので」(30歳/情報・IT/技術職)





■うつむく

・「ばれないように下を向く。さりげなくハンカチでふけば、気が付かれないと思う」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

・「涙が流れないように眼球上でこらえ、乾かす」(26歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「人とすれ違うときにうつむいて顔がわからないようにする」(26歳/マスコミ・広告/事務系専門職)







■目がかゆい、痛いフリをしてごまかす

・「コンタクトが痛いという」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「小説を読んでいて涙がでたが、目をかいてごまかした」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「花粉症のふりをする」(28歳/情報・IT/技術職)





■ほかのことを考えて、なんとか気持ちをそらす

・「人前で泣くのは好きではないので、なんとしてもこらえる」(27歳/販売職・サービス系)

・「外で泣く人は自分が苦手なのでどうしても泣きたくなってもどうにかこらえます」(22歳/その他)

・「でも涙があふれてきて必死です」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)





■気にせず、そのまま泣く

・「多少泣いてても、他人は気にしないと思うので、あまり気にならない」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

・「フラれた帰り道電車の中でおえつが出て困った」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「泣いてしまった方がすっきりするから。見た人が困った顔をして通り過ぎたことがありますね」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■番外編:泣いてなんかないんだからっ!

・絶対に泣かない「社会人としてのプライドで、外では泣きたくないから」(23歳/金属・鉄鋼・化学/経営・コンサルタント系)

・目薬でごまかす「目薬はいつも持ち歩いているから」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・深呼吸をする「深呼吸をすると落ちつくから」(32歳/情報・IT/事務系専門職)





総評

1位は「トイレなどひとりになれる場所に行く」でした。涙をこらえることはできない、けれども人前で泣くのは何が何でも避けたいという気持ちが表れています。自分のプライドと同時に、涙を人に見せないという相手への気遣いが出ている結果となりました。





2位にランキングされたのは「うつむく」です。泣いていても、眼球から涙がこぼれ落ちる瞬間だけは見せたくないのかもしれませんね。続いて3位の「目がかゆい、痛いフリをしてごまかす」、4位の「ほかのことを考えて、なんとか気持ちをそらす」は、少しでも人前で涙を見せることを避けようという気持ちがうかがえます。





5位は「気にせず、そのまま泣く」がランクイン。感情をそのまま抑圧せず、表出させることへの感想は、賛否両論かもしれません。しかし、多様なタイプの人が日本にいるのは、喜ばしいことともいえるでしょう。





涙をこらえる人あり、涙を見せる人あり。涙を目立たないようにする方法が異なるだけではなく、ひとりになれなかったときに、涙を人前で見せるかどうかについても大きく考え方が異なる結果になりました。アナタは涙を見せますか? それとも隠しますか?

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年5月21日〜2012年5月25日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性584名

調査方法:インターネットログイン式アンケート