リーマンショックから3年、企業の経営戦略は、成長が見込めない国内から新たな市場を求めてグローバル展開へと多くが移行し、新たな人材戦略が必要になった。

「このコンテンツのオリジナルは、>http://www.jinzainews.net/</u>です」




非上場企業もグローバル強化
増加する海外駐在人材の採用


 リーマンショック後、企業はグローバル展開や新事業をスタートさせ、また、東日本大震災後にサプライチェーンの見直し等で海外へ進出する企業はさらに増加する傾向にある。

 新たな経営戦略を実行するに当たっては中核となる即戦力人材が必要となったが、スピードが求められる事業展開に社内人材の育成だけでは追いつかず、社外から人材を調達する必要に迫られ、企業の人材採用は一変した。

 人材紹介大手ジェイエイシーリクルートメントのグローバル人材に関する調査によれば、リーマンショック直前の07年第4四半期から08年第3四半期と約1年を経過した09年第4四半期から10年第3四半期における採用を比較すると、「海外営業」求人に占める「化学」「消費財」「サービス」といった輸出型産業ではなかった業界の割合が著しく増加している。化学が7.8%から 12.6%、消費財が4.8%から8.0%、サービスが6.0%から7.8%と伸びた。また、非上場企業の求人増加も顕著で、60.5%から69.4%と増加している。
 
 「海外駐在」求人も上場企業では「...(もっと読む

正社員の不足が続く、中途採用予定が増加
30歳目前に8割が「自分の将来像を描けない」
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。