(左)西村貴好●一般社団法人日本ほめる達人協会理事長。「ほめ達!検定」は合格者が5000人を超え、企業、自治体などの導入も急増中。最新刊に『ほめる生き方』(マガジンハウス)、『繁盛店の「ほめる」仕組み』(同文館出版)。
(右)渡部 建●テレビ、ラジオ、雑誌とあらゆるメディアに引っ張りだこのお笑いコンビ「アンジャッシュ」を児嶋一哉と組む。テレビ朝日の人気番組「お願い!ランキング」から誕生した“ホメ渡部”のキャラが話題に。
スタイリング=松本祐輔(UPWARD)

写真拡大

「会社でも家庭でも『ホメる』ことでうまく回っている」(47歳男・広告)の証言の通り今「ホメ」が熱い。「ホメ渡部」キャラで人気を博すアンジャッシュ・渡部氏と「ほめ達!検定」仕掛け人・西村氏が「ホメ」の効用について語り合った。

西村 “ホメ渡部”というキャラクターはどこから生まれたのですか?

渡部 テレビ朝日の「お願い!ランキング」という番組から誕生したキャラなんです。人はほめられると顔がノーガードになり、ニヤニヤしちゃうじゃないですか。その顔を面白がるのが狙いで、「企業に出向いて、一生懸命開発した商品をその人の前でほめちぎったらどうなるか」を実践しています。

西村 すごく面白い視点ですね。ただ、じつは「ほめっぱなしの罪」というのがありまして(笑)。

渡部 え!? ホメ渡部の場合はテレビ番組の企画なので、ほめっぱなしでもよしとしてください!(笑)

西村 どういうことかというと、一般に言われている、「ほめると相手のモチベーションが上がるからよい」という論理は、半分正しくて半分間違い。相手のモチベーションが上がったら、そのモチベーションの使い道まで教えてあげなければならない。それが、ほめることの奥義といえます。

よく「若い人をほめると調子に乗るから、甘い言葉はかけたくない」という人がいます。でも、単純にほめるだけでなく、たとえば「こういうことができた君だから、次はこういうところをやってみようよ」と言って、次の行動の背中をちょっと押してあげる。さらに、その行動の変化による結果の違いまで見つけ、伝えてあげる。たとえ結果が期待通りでなくても「君自身は成長している。僕はそこを見ていたよ」と伝える。そこまでやって、ようやく“ほめる”ことのワンクールが終了するわけです。

渡部 ほめる側が「あなたがこうしたことによって、周りがこれだけ変わったんですよ」と示せば、調子に乗るだけでは終わらないはずですよね。

僕なんかは自分がほめられると、ついつい次もその期待に応えようとする。心理学で言うレッテル効果と呼ばれるパターンにまんまとはまる。このレッテル効果を生かせば、「次にまたこれをさせたいからほめる」といったほめ技術につながります。たとえば、ふだん料理を作らない奥さんに、今後はできるだけ料理を作ってほしいと思ったら、たまたま料理を作ってくれた機会を逃さず、すごくほめるといい。

西村 「ほめるは他人のためならず」とでも言いましょうか、ほめることによって一番恩恵を受けるのは自分だったりしますよね。周りの人をほめ続けると、自分の周りでいいことがいっぱい起きるようになる。それは、ほめることによって最高の返事、すなわち“行動”を相手から引き出していることにほかなりません。反対に、ダメなところばかりを指摘しても、相手はなかなか行動を変えようとはしません。飲食店の覆面調査でダメ出しに主眼を置いた調査から、ほめることに主眼を置いた調査に変えたところ、対象店舗の売り上げは平均で1.2倍も伸びました。なかには半年で1.6倍になった事例もたくさん出たのです。

渡部 ダメ出しのポイントを探す作業と、ほめるポイントを探す作業はじつは同じで、それをどちらの方向で表現するかの違いにすぎないから、そのような方向転換ができたのでしょうね。

僕はお笑いの中でもツッコミ役なので、人の欠点やアラを探すことを職業にしています。ただ、本質を突く作業という意味では、ほめるポイントを探す作業と全く同じなんです。だからホメ渡部というキャラクターが僕にうまくはまったのだと思います。

西村 “ほめる”と“叱る”、あるいは“けなす”の根っこは一緒だと、僕も感じます。ホメ渡部の書いた本の中ですごく面白いなと思ったのが、まさに「ホメ渡部じゃなく、ケナシ渡部でも行けた」という部分。つまり、あるターゲットに対しプラスに持ち上げることも、マイナスに貶めることもできるけど、その効果は全く違う。

ただ、放っておいても人は、他人の欠点に目がいきがちです。僕の経験では「相手のことを考えて」とか「相手にこうなってほしい」という想いが強い人ほど、ついついマイナス方向の指摘をしてしまいがち。でも、逆にプラス方向に持ち上げてみると、思ってもみない効果がさらに生まれるのです。

渡部 「ポジ出し」という言葉が若者の間で流行っているくらいですからね。僕のやり方は、まず特徴的なところを探す。それが見当たらないときは、その人がなかなか継続できなかったり、実行できなかったりするところを探す。それでも見つからない場合は、その人より自分を下げる。

■ものは言いようほめるもけなすも愛情の証し

西村 ほめるところを探すのではなく特徴的なところを探すというのは、すごい視点ですね。たとえマイナスの部分であっても全部プラスに変換できるわけですから、究極のほめ技(わざ)だと思います。

渡部 たとえば遅刻をした部下がいたら、「規則に縛られる社員が多い中にあって、君のように自分の意思で時間をコントロールするのも一つの能力として素晴らしい」とほめる。ものは言いようで、「ケチ」な人に「倹約家」と言うのと一緒。

食べ物のレポートの際、味が薄いときは「いくらでも食べられますね」、味が濃いときは「ご飯に合いそうですね」、美味しくないときは「好きな人は好きでしょうね」と答える。「クセになる」「個性的だ」「はまる人ははまる」といったフレーズもあります。

西村 なるほど(笑)。今度からテレビの食べ物番組を見るときの目が変わりそうです。ただ要は、人や物の魅力というものは、その欠点やコンプレックス、トラウマのすぐ横に隠れていると言えるのかもしれませんね。

渡部 僕は女性とのやり取りの中で必ず使うのですが、ある女性が「私って飽きっぽいの」と言ったら、「いやいや、いろんなところに好奇心のアンテナを張ることができるなによりの証拠だよ」と答える。「引っ込み思案で、意見を言えないの」と言ったら、「そういう子がいるから個性のある人が目立つわけで、あなたのような人がいないと人間関係や集団がゴチャゴチャになってしまうよ」と答える。「空気を読めないと言われちゃうの」と言ったら「空気を読まない人は必ず必要。みんなが読み合っていてもなにも生まれないから」と答える。

西村 すごい! いまの話を聞いて、先ほど渡部さんがおっしゃった真意がわかりました。人はただほめられたいだけじゃなく、誰かの役に立っていることをすごく知りたいということですね。「笑顔が素敵ですね」で終わるのではなく、「その笑顔ですごく場が明るくなる。なにか元気をもらえたような気がします」といった形で、周囲にも好影響を与えていることを伝えると、すごく心に響くほめ言葉になります。

だから、ホメ渡部が企業に行って、商品をただひたすらにほめる言葉が、視聴者の心にも響く。さすが、ホメ渡部は違います。

渡部 ありがとうございます、ほめていただいて(笑)。結局、ほめるもけなすも、究極を言えばその人に興味があるからやっているわけで、どうでもいい人に対しては無視しますよね。バラエティ番組などは、欠点やミスを指摘して笑いにするわけですが、そこには愛情がある。たとえば、思いっきり転んだ人に対し、なにも指摘しないのはすごく冷たい反応をしたことになる。

「いま、転んだよね」と突っ込んであげるのが、けなしているように見えて、じつは愛情なんです。

西村 相手を「見ていてあげる」ということですよね。そして、それを伝えてあげる。

渡部 しかも傷口にしっかり塩を塗って、膿をとことん出してあげると、一番早く治る。

西村 すごい! そこまでは気づきませんでした。なるほど!

渡部 だから最初の遅刻の件でも、まずは「なんで遅刻なんかしてるの」と一度は突っ込んであげなきゃいけない。それが遅刻した本人にとっても一番楽なはずで、周囲が黙っていたら本人も辛い。そうして早く膿を出し切ってから、ほめることに転じるわけです。

■システムとしてほめる場を設定するのはいい

西村 人はふだんの生活や仕事の中で、なかなか他人をほめることは難しいと思います。たぶん渡部さんや僕が楽なのは、“ホメ渡部”とか“ほめ達”というキャラクター、役割を担っているから、ほめざるをえない状況に追い込まれていること。「ほめ達!検定」の狙いの一つもそこにあって、認定証(カード)を常に携帯してもらうことにより、ほめなきゃいけない立場に追い込んでいるわけです。

渡部 ホメ渡部の場合は、番組収録といういわば締め切りがあります。収録日に絶対にほめなければいけないから、その日までに、なにがなんでもほめるポイントを見つける。これまで「ティッシュをほめてくれ」「水をほめてくれ」といった難しいテーマもありましたが、もし「じっくり取り組んでいいよ」と言われたら、いつまでたってもできない可能性はあります。

西村 そういう意味では、“ほめ”の締め切りをつくるというのはいいかも。

渡部 たとえば、どんなに嫌な上司や同僚、部下についても、「明日までに、ほめるポイントを○個見つけろ」とシステム化し、そうせざるをえない環境に追い込むわけですね。

いま、僕は若いビジネスマン向けの番組に出演させていただいているのですが、社内でなにがよかったかを確認し合う企業が増えていると実感しています。仕事の最後のミーティングで「今日、誰がよかったか」といった意見を出し合ったり、さらに、みんなからよかったと言われた人に対し、部門長が近所のファミレスのクーポン券をあげたり。和気あいあいとした部分と、システム化された部分のバランスが、すごくいいなと思います。

それがうまく回ると、ミーティングで他人をほめなければいけないから、他人のいい部分に着目するようになる。上司も部下のミスが気になるだけじゃなく「今日はどこを頑張ったか」を見るようになる。

西村 「人間はそもそも人のことをほめられない」ことを自覚することが大事です。わたしたちは本能で、自分の周りの人の欠点やできていないところを探してしまう。自分の周りの上司や同僚、部下の悪いところ、ダメなところが見えてしまうのは、本能でしみ込んでいるものだから仕方がない。だからこそ、本能よりちょっとだけ自分の理性を生かして、周囲の人のいいところを探そう、あるいはそういう修業だと考えゲーム感覚でスタートすることも大事です。意思を持って、覚悟を決めて、ほめていこうということですね。

渡部 ほめると、自分が心地いいというような、気持ちいいというか、なにか他人のためであり自分のためであるというような、不思議な感覚になりますよね。ホメ渡部では、ほめた相手がガードをゆるゆるにした状態になったところで、ちょっと突つつくような冗談を言うと笑ってくれるんですね。しかも、テレビを見ている人も気持ちよくさせたうえでのエンターテインメントですから、なによりやっていて楽しい。

ホメ渡部の第1回の放送が終わった翌日、ダウンタウンの浜田雅功さんから「昨日、あれ見たけど、面白かったで」と言われ、すごく嬉しかった。憧れの浜田さんに、ホメ渡部がほめられたんですから、レッテル効果でまた頑張っちゃう(笑)。

西村 僕が「ほめ達!」になってよかったなと思うことが2つあります。一つは、いままで湧かなかったようなアイデアが湧くようになり、見えなかったものが見えるようになって“気づき”が増えたこと。もう一つは、プラスの引き寄せがものすごく強くなったこと。じつは、ほめたほうは忘れているようなことでも、ほめられた相手のほうはよく覚えているんです。ほめることで、相手の心に残る印象的な言葉を、知らぬ間に伝えているのかも。

渡部 「ほめ達!検定」を一度受験してみたいですね。バラエティのキャラクターが、どこまで通用するのか(笑)。

西村 渡部さんに、いまさら受験してもらうのは申し訳ない。ぜひ「日本ほめる達人協会」の名誉顧問になってください(笑)。

「お願い!ランキング」はテレビ朝日系(一部地域を除く)月〜木 深夜0:20〜金 深夜1:20〜 放送中。

(アンジャッシュ 渡部 建 VS 日本ほめる達人協会理事長 西村貴好 構成=小澤啓司 撮影=尾関裕士)