(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操、孫権に平和協定を申し込む!
100万の軍勢を有しながらも僅か3万足らずの劉備・劉軍の軍勢に対して撤退を余儀なくされた曹操軍。しかし曹操は矛先を劉備ではなく江東の孫権に向けたのです。

つまり、孫権の領土を制圧すれば事実上劉備軍の僅かな領土では対抗は出来ず劉備とは戦わずして勝利ということになります。

しかし、それをされて困るのは劉備軍。そこで孔明は孫権の使者である魯粛と共に江東の孫権の元へ向かい曹操と孫権を戦わせようと画策します。
●孔明の兄、諸葛瑾との再会
江東へ出向いた孔明の前に刺客が現れるも、兄である諸葛瑾の登場によって命拾いします。

久しぶりに再会した兄弟、孔明は「天下三分の計」を説き兄である諸葛瑾を説得します。
●呉の文官、孔明との大論戦!
孫権配下の呉の文官の殆どが曹操との和平派、そこに現れた孔明は劉備の仁徳という武器を説き、曹操を撤退させた根拠を淀み無く応えます。それによって何も言えなくなった呉の文官、そして孫権も曹操との開戦をしようと決意しますが…。

そこにやってきた貞姫(孫権の妹)、彼女は「周瑜の判断を仰ぐように」と口を挟みます。これによって曹操との開戦は白紙に戻ります。

※貞姫は劉備の妻であった淑玲と良く似ていますが性格はかなり乱暴者だったようです。
●周瑜、孔明に操られる!
反戦派の周瑜が孫権の元へ帰還すると、孔明は周瑜に曹操との和平のためにこう言います。

孔明「大喬、小喬を曹操に差し出せば全て解決する!」

これには周瑜も激怒します。大喬は孫策の妻、そして小喬は周瑜自身の妻なのです。そのまま周瑜は孫権に曹操との開戦を進言する事になります。

※但し、後に周瑜は孔明に騙されたと気付きます。
●諸葛瑾、劉備への使者となる!
周瑜は孔明と劉備を殺害を計画するべく、諸葛瑾を劉備への使者として江東へ誘おうとします。そうとは知らない諸葛瑾は喜んで使者を引き受けるのですが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト