チェルノブイリ原発事故の影響でオープン直前に廃園した遊園地に行ってみた「25年経った現在の放射線量10〜27uSv/h」

写真拡大

チェルノブイリ原子力発電所の事故により、オープン直前だったけど廃園してしまった遊園地があるという。すでに広く報道されていることなのでご存知の方も多いと思うが、その遊園地は25年以上が経過した今も放射線量が高く、ホットスポットも所々に点在しているという。

今回は実際にその遊園地に出向き、どのような状態になっているのか見てみることにした。筆者のほか、ウクライナ人ガイドのナターシャさんと、チェルノブイリ情報センターの女性スタッフが同行してくれた。

その遊園地は、チェルノブイリ原子力発電所から非常に近い場所に位置する。オープン直前に事故が発生して放射性物資が降り注いだため、この遊園地に子どもたちが訪れることは一度もなかった。

アトラクションマシーンがいまも建ったままとなっており、地面はアスファルトになっているものの、所々にコケが生えて土が露出しているところもある。地面の放射線量は10〜15uSv/hほどで、場所によっては20〜27uSv/hのところもあった。

チェルノブイリ情報センターの女性スタッフによると、30uSv/h以上のところも遊園地内に複数あるという。放射性物資はコケに集まりやすい性質があるとのことで、実際に放射線量を調べてみたところ高い数値を示した。

この遊園地には複数のアトラクションマシーンがあるが、なかでもいちばん大きいのが観覧車。25年以上も放置されているわけで、正直、いつ倒れてきてもおかしくないように思えた。突然放射線量が高くなる場所があるため、観覧車付近には注意するようにと言われた。

この遊園地を楽しみにしていた子どもたちもかわいそうだが、この遊園地も非常にかわいそうなものである。一度も子どもたちを笑顔にすることができず、無念だったのではないだろうか?
 
Correspondent: Kuzo


画像をもっと見る