7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

ワイヤレスゲート(9419)が今日の注目銘柄!

全体相場が調整色を強める中、需給面でシコリの乏しい、7月19日に東証マザーズに新規上場した、同社に注目します。近年は、ワーキングスタイルの変化や、スマートフォンやタブレット端末、携帯ゲーム端末等の普及などからデータ通信の公衆化が浸透しています。これが追い風となり、同社の業容拡大が期待されます。

同社は、東海道新幹線車内や主な鉄道・地下鉄の駅ホームやコンコース、空港、大手カフェチェーンや大手ファストフードチェーンの各店舗内などで、無線LANを利用した非常に高速なインターネット接続サービス「ワイヤレスゲート」の提供を通じて、多くのエンドユーザーに高速ワイヤレス通信サービスを提供しています。

同社のワイヤレス・ブロードバンドサービスは、複数の公衆無線LAN事業者から仕入れたWi-Fiスポットを、同社のプラットフォーム上で統合的にユーザーに提供する「ワイヤレスゲート・サービス」と、同社のワイヤレスゲート・サービスに、その他の通信事業者等から仕入れた通信回線と公衆無線LANを組み合わせた高速通信サービスである「ワイマックス・サービス」を提供しています。

同社は、今後、更なる成長を遂げるため、ワイヤレスゲート・サービス利用者向けのオプションサービスの提供や、次世代ワイヤレス通信規格(LTE等)への対応、SNSアプリケーション・サービスの開始等の新規事業領域への展開を行い、事業の拡充を図っていく方針です。

また、現在はヨドバシカメラからの新規サービス加入者の比率が高く、リスク・依存度が高いため、当該依存度低下のため、販売チャネルの拡大が必要であると認識しているということです。

公募価格は1200円でした。19日の初値は2311円でしたが、初値示現後急落し、一時1811円まで売られました。しかし、翌20日は急反発し、2267円前日比400円(21.42%)高のストップ高買い気配で取引を終えています。上場初日の1811円までの下落過程で、初値付近で売り惜しみした公募組も、初値参加組も共に振るい落とされた結果、需給は大幅に改善し、現在の需給はすこぶる良好と考えます。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。