Né-netからディズニーシリーズ誕生 アリスやシンデレラがTシャツや小物に

写真拡大

 「Né-net(ネ・ネット)」から、ディズニーの物語がモチーフとなったコレクション「Né-net Disney Series(ネ・ネット ディズニーシリーズ)」が発表された。ディズニー・スタジオで活躍した女性アーティストMary Blair(メアリー・ブレア)によって描かれたアリスやシンデレラ、ピーターパンたちが、「Né-net」ならではの世界観でTシャツや小物に表現されている。発売は8月中旬を予定。 ネ・ネットのディズニーシリーズの画像を拡大

 「ネ・ネット ディズニーシリーズ」は、様々なフォルムのTシャツをはじめ、トートバッグやポーチ、キーホルダー、ブローチ、バンダナなどの小物類で構成。「It's a small world(イッツ・ア・スモールワールド)」に登場する建物をモチーフとしたトートバッグ(7,350円)やTシャツ(6,825円〜)、そして黒地にカラフルな色彩で目を引くデザインのバンダナ(2,625円)が誕生した。「Alice in wonderland(=ふしぎの国のアリス)」からは、レトロタッチのアリスのイラストがプリントされたブローチ(2,940円)や、ワイドシルエットやAラインのTシャツ(各7,665円)が登場。アイテムによっては双子のキャラクターであるトゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムのイラストが配されている。その他、「The Little House」のTシャツ(6,825円〜)、「Cinderella(シンデレラ)」や「Peterpan(ピーター・パン)」のバンダナ(各2,625円)などがラインナップする。 イラストを手がけているMary Blairは、1939年からディズニー・スタジオに参加。カラー・スタイリストとして「Cinderella」「Peterpan」「Alice in wonderland」に参加したほか、1964年にはニューヨーク世界博のパビリオンにて「It's a small world」のデザインを担当したアーティスト。「Né-net」の一部店舗で展開される「ネ・ネット ディズニーシリーズ」は、代官山の路面店で8月10日から、南堀江、ららぽーと横浜、札幌ステラプレイス、熊本New-Sの各ショップでは8月17日から販売が予定されている。 画像:(C)Disney    GRACE CO.,LTD.