お釣りの端数は合わせますか?



先日友人と食事をした際、お会計が1,921円だったのでお釣りの端数を合わせるために2,021円を出し、100円のお釣りをもらいました。すると友人に「なんでそんなめんどうな事をするの?」と言われ、端数合わせをするしないの討論になったのですが……。



さて読者のみなさんは、こういったお会計の端数がバラバラの場合、小銭を出してお釣りが細かくならないように調整しますか? アンケートでどちら派が多いのか聞いてみました。



調査期間:2012/4/3〜2012/4/7

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1000件(ウェブログイン式)



Q.お釣りの端数合わせをしますか?



はい……591人(59.1%)

いいえ……409人(40.9%)



お釣りの端数を合わせると答えた読者は全体の6割ほどでした。もう少し多いと予想しておりましたが、やはりめんどうだと考える人も多いようで、そこまで数字は伸びませんでした。



続いて「はい」と答えた読者にどのくらいの頻度で端数合わせをするか聞いてみました。その結果……



時々行う……292人(49.4%)

支払いの度ごとに毎回……262人(44.3%)

たまにしかしない……37人(6.3%)



という結果に。「時々行う」という読者と「毎回行う」読者がほぼ半々に分かれました。時々行うという読者が多いのはある程度予想できましたが、まさか毎回端数を合わせる人がここまで多いとは……さらに「たまに端数を合わせる」という読者がごく少数というのも驚きでした。



次に端数合わせをする理由、こだわる理由を聞いてみました。



●あまり小銭をいっぱい持ち歩きたくない(24歳/女性)



小銭で財布が圧迫されるのはイヤですよね。



●財布の小銭が増えて重たくなるのを防ぐため(29歳/男性)



小銭が多いと財布自体が重くなっちゃいますからね……持ち歩くものなので、できれば軽い方がいいです。



●500円貯金をしているので端数を合わせて500玉をもらうため(28歳/女性)



目的があって端数を合わせるパターンもアリですね。うまく500円玉貯金をするためのテクニックです。



●端数を合わせるとお釣りの渡し間違いをする可能性がなくなるので(45歳/男性)



小銭をいっぱい渡さないとダメだと、どうしても数え間違いとかでてきますからね。お釣りを簡単にする意味でも端数合わせは有効です。



●店員さんとか、渡す相手も楽だと思うので(25歳/女性)



上の意見とつながることですが、店員さんの手間が減ることはミスの防止にもつながりますからね。



●中途半端な数字が気持ち悪い(26歳/男性)



こういう所にも性格って出ますよね。何事もキッチリ! という人には端数がバラバラなのは許せないのかもしれません。



●家計簿をつけるときに細かいと数えるのがめんどうなので(37歳/女性)



買い物をして帰ってから「えーっと、587円お釣りが戻ってきて……100、200……」と細かい小銭を数えるのはイヤですよね! その後の展開を見越した端数合わせも素晴らしいです!



そこまで大きな差ではありませんでしたが、お釣りの端数合わせをする読者の方が多いことがわかった今回のアンケート。めんどうだという人も多くいる訳ですが、利点も多くあるので、急いでいるときやレジが込んでいないときは、端数合わせをしてみるのもいいかもしれませんね。



(貫井康徳@dcp)