<ミドル級/5分3R>
ティム・ブーシュ(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
ヘクター・ロンバード(豪州)

ついにUFCデビューを果たしたロンバード。頭一つ大きなブーシュとグローブを合せず、距離を取る。ブーシュはまず右ロー、そして右蹴りを見せる。フックを振るいながら前に出ロンバードは、ブーシュウのテイクダウン狙いを切ってパウンドを落とす。

立ちあがったブーシュをケージに押し込んだロンバードが、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。ケージを背に立ち上がったブーシュは、距離を取って右ローからヒザを狙う。両手を広げ、ゆっくり構えたロンバードは、右を伸ばす。続いて左ストレートを見せたロンバードは慎重に攻めて距離をなかなか詰めない。

左フックから右フックを見せたロンバードだが、これは空振りに。ブーシュは右ローで前足を蹴り込む。ロンバードは右を振るうが、クリーンヒットはしない。残り40秒、ブーシュのテイクダウン狙いを切ったロンバードだが、連打はないままラウンド終了を迎えた。

2R、左を伸ばすがバランスを崩したロンバード。と、ここで右から左とコンビネーションを見せる。1Rよりも距離を詰めていくロンバードは、右から左フックへ。さらに前に出ると、左ローから右フック、左アッパーを繰り出す。ブーシュも右ローからパンチを見せ、ロンバードに呑まれることはない。

それでも下がるシーンが目立ってきたブーシュはサウスポーに構えを変えることも。ロンバードは左ハイから、右ストレート、そして左とつなげるが距離は遠い。

ハンドスピードは速いが、踏み込みのないロンバードだが、ミドルで動きが止ったブーシュを追いかけて距離を詰める。ブーシュのテイクダウン狙いを潰し、パンチを落すロンバード。立ち上がったブーシュに、ダブルレッグを狙うが、逆に押しつぶされそうになる。

ケージにブーシュを押し込むロンバードだが、逆にブーシュが押し返すシーンも。ロンバードは2Rも強いインパクトを残すことなく、手数で試合を優勢に進めた。最終回、一発がある者同士が、一発を受けない試合を続ける。ブーシュのテイクダウン狙いを潰すが、リスクのある攻撃を仕掛けることが出来ないロンバード。

ブーシュのスーパーマンパンチに右を合せるが、ここでも連打は見られない。観客のブーイングが木霊する状態、ロンバードはブーシュのテイクダウンを切る。攻撃を受けないが、目立った攻撃もないロンバード。組んだ状態で足払いを見せるも、これもテイクダウンにはつながらないし、深追いもしない。

残り1分、単発で両者の拳が交錯する。前に出るのはブーシュ、態勢を入れ替えたロンバードがケージにブーシュを押し込み、豪快にダブルレッグでテイクダウンを奪う。ブーシュはすぐに立ち上がるも、ロンバードにケージに押し込まれ試合終了の時を迎えた。単発のパンチと、押さ込みに繋がらないテイクダウンを見せたロンバード。渋い試合展開でまとめた期待のロンバードだったが、スプリットで敗れる期待外れのUFC初陣となってしまった。

UFC149「Faber vs Barao」全試合結果&レポートはコチラ