映画にかかるお金






テレビ、DVDにスマートフォン……。映画を見ようと思えば、映画館以外でもいろんな手段でみることが可能です。NTTレゾナント株式会社が行ったアンケート調査(※)によると、「2011年の日本の映画興行収入は、対前年比で約2割の減少。直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人は5割弱」。直接映画館まで足を運ぶ人は減少傾向にあるようです。





※「映画館での映画鑑賞」についてのアンケート調査。対象者は全国の10代〜70代の男女。有効回答者数3,189名。



●映画料金は1,000円が妥当!?

映画館離れが進んでいる理由の一つとして、映画料金の高さが指摘されています。同調査で料金設定について聞いたところ、料金が「1500円」になった場合、鑑賞回数が「増える」と答えた人は19.1%、「変わらない」が8割。一方、料金が「1000円」になると鑑賞回数が「増える」と答えた人は55.3%とようやく過半数となり、「変わらない」を上回る結果になりました。



映画館は、レンタルに比べて料金が高く時間の制約もありますが、大きなスクリーンを通しての臨場感や作品に集中できるといったメリットも。これらをひっくるめて、映画館の価値が1000円と考えられるのでしょう。



●1,000円で映画を見よう!

現在の通常料金は、一般1800円、大/高校生1500円、中/小学生1000円、幼児1000円。

1,000円なら映画館に行こうとする利用者意識を考えると、大きな差があることは否めません。それなら、各劇場で打ち出している割引を積極的に利用したいところ。これをうまく利用すれば1,000円で鑑賞するができます。



■TOHOシネマズ

・TOHOシネマズデイ/毎月14日は1,000円。

・ファーストデイ/毎月1日は1,000円。

・レディースデイ/毎週水曜日は、女性1,000円。

・夫婦50割引/どちらかが50歳以上の夫婦の場合、2人で2,000円。



■ワーナー・マイカル・シネマズ

・ファーストデイ スペシャル/毎月1日は1,000円。

・レディスデイ スペシャル/毎週月曜日(または水曜日)は、女性1,000円。

※劇場によって曜日が異なる

・高校生友情プライス/高校生3人以上のグループは、一人1,000円。

・夫婦50割引/どちらかが50歳以上の夫婦の場合、2人で2,000円。



■ユナイテッド・シネマ

・ファーストデイ/毎月1日は1,000円

・レディースデイ/毎週水曜日は、女性1000円。

・会員デー/毎週金曜日は会員1000円。



■ムービックス

・MOVIXデイ/毎月20日は1,000円

・ファーストデイ・スペシャル/毎月1日 は1,000円

・レディースデイ/毎週水曜日は、女性1,000円

・夫婦50割引/どちらかが50歳以上の夫婦の場合、2人で2,000円。



■109シネマズ

・109シネマズの日/毎月10日は1,000円。

・ファーストデイ/毎月1日は1,000円。

・レディースデイ/毎週水曜日は、女性1000円。

・夫婦の日&カップルデイ/毎月22日は、男女ペア2人で2,000円。

・ポイント会員感謝の日/毎月19日は、ブルーカード会員、ブルーモバイルメンバー1,000円。

・夫婦50割引/どちらかが50歳以上の夫婦の場合、2人で2,000円。



※サービス内容は2012年6月26日現在のもの。一部の映画館では利用できない場合もあります。



映画を利用する日にちを計画的に決めておけば、1,000円での鑑賞はさほど難しいことではありません。ファーストデイやレディースデイは、だいたい共通して1日と水曜日(月曜日のところもあり)。



それに加え、毎月10日(109シネマズ)、14日(TOHOシネマズ)、20日(ムービックス)等、月1回映画館の日が設定されています。また、会員限定で特定の曜日に割引が用意されていることも。情報収集さえまめに行っておけば、1000円札一枚で快適な鑑賞環境を手に入れることができそうです。



(文/森 眞奈美)



■執筆者 プロフィール

森 眞奈美(もりまなみ)

サンダーバード国際経営大学院にて国際経営学修士号取得後、米国系再保険会社に入社。退社後ライター業をしながら、AFPを取得。現在は「保険」、「クレジットカード・電子マネー」、「ライフプランニング」などマネーに関するコラムを雑誌やWebで執筆中。