<ウェルター級/5分3R>
ジェイムス・ヘッド(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
ブライアン・エバーソール(米国)

試合開始直後に組みついたエバーソールだが、ヘッドがそれを切ってスタンドへ。直後に再び組みついたエバーソールは、ここでもスプロールされスタンドに戻ると、パンチとヒザをボディに受ける。左を伸ばすエバーソールは、ニータップととにかくテイクダウンを狙う仕種を見せるが、本気で倒そうとしているようには見えない。

と、右フックから左ボディフックを受けたエバーソール。ヘッドは左エルボーも打ち込む。エバーソールは、ここで左から右を打ち込むと、さらに右をヒットさせる。左ミドルから、ダブルレッグを見せたエバーソールは、ついにダブルレッグからテイクダウンへ。

ヘッドのギロチンを余裕を持って切り抜けたエバーソールが、インサイドハーフから腕をコントロール。足を戻したヘッドだが、頭をつけられて起き上がれない。潜りから送って、リバーサルを狙ったヘッドにパウンドを落としたエバーソールは、ボディを蹴り上げられたスタンドへ戻ると、側転キックへ。そのまま引き込むようにガードでヘッドを固めたエバーソールは、ポイントを取れたかどうかは不明だが、自分の世界のなかで試合を組み立てることに成功した。

2R、テイクダウン狙いから潜ったエバーソールは、スタンドに戻るとすぐに左を伸ばす。ヘッドのヒザ蹴りに左右のフックを見せたエバーソールは、ケージを背にしてもヘッドの前進を許さない。 とダブルレッグのフェイントからパンチ、左ミドルを蹴りこむ曲者振りを発揮する。さらにエバーソールは右エルボーから、ニータップ。両脇を差してドライブすると、ケージ際で際返されところで、距離を取る。

ヒザにチョップを入れ、左フックをヒットさせたエバーソールは、再び組みつき、すぐにスタンドへ。低い姿勢で左アッパーを打ち込むと、左ストレートへ。ヘッドもエルボーを放つが、なかなか思うように攻めることが出来ない。エルボーを打ち合った両者、ヘッドのニーを頭に受けたエバーソールだが、直後にテイクダウンに成功しポイント的には相殺する。

残り30秒、右腕を抱えられたエバーソールは、リバーサルを許しガードを取った上体で2Rを戦い終えた。最後のリバーサルは明らかに余分だったエバーソール、ここまではどちらがポイントを取っているかは分からない。

最終回、ダブルレッグをスプロールされながら、パンチを出したエバーソール。続くシングルレッグでは引き込みにいくが、ヘッドは上手くがぶってエバーソールの狙いを潰していく。スタンドに戻った両者、再びエバーソールはダブルへ、がぶられてすぐに立ち上がるとヒザをボディに受ける。

パンチからヒザを入れるヘッド。エバーソールも右を返すが、このラウンドは見た目の印象は悪い。とバックに回ったヘッドが、バックに回る。エバーソールのスイッチを切って、スタンドに戻ったヘッドにエバーソールはミドルを連続で蹴り込む。と、ダブルレッグから再びヒザを着いた状態でパンチを見せる。

残り90秒、エバーソールはテイクダウン狙いから次の展開に移行できないが、打撃で打ち負けるというわけでもない。残り30秒でテイクダウンを狙ったエバーソールは、ついにトップを奪取、関節かパウンドか絞れないままにタイムアップに。ディフェンスが巧みだったヘッドを攻めあぐねた印象の残したエバーソール。果たしてジャッジの裁定は、スプリットとなりヘッドに軍配が挙がった。エバーソールは策士、策に溺れるといった試合になってしまった。