<ミドル級/5分3R>
ニック・リング(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
コート・マクギー(米国)

右から右ハイを繰り出したマクギー、サウスポーのリングは左ミドルを放っていく。両者、左を伸ばし、一旦距離を取ると再びリングが左ハイを見せる。マックギーは左をフックをヒットし、リングのテイクダウン狙いを簡単に切っていく。

連続でテイクダウン狙ったリングは、左の前蹴りから右ローを繰り出すが、あまり勢いは感じられない。左ミドルに右を合せていったマクギーは、シングル狙いを察知し距離を取る。左ハイを見せるリング、狙いが見えない。マクギーは左を伸ばし、右ローへ。前に出てきたマクギーに、右ジャブを当てたリングの左ストレートが顔面を捉える。

左ヒザをボディに、そして右ジャブを伸ばして、左ストレート、リングの動きが目立ってくる。ここで組みついてきたマクギーを跳ね返し、左を打ち込んだリング。残り10秒で組みつく素振りを見せたが、打撃の距離まま初回が終わった。

2R、右ハイを伸ばし前に出るマクギー。リングは左に回りながら、左ハイを繰り出す。右より左回りが多いリングはアウトに出ることなくインで打撃戦を望んでいるような試合の組み立て方だ。前に出るマクギーを捌き、左を伸ばすリングだが、精度は決して高くない。

マクギーもニータップにいくが、その前に打撃を効かせておらず効果がない。細かいパンチを集中させたマクギー、リングも組みつきにいく。勢いが増してきたマクギーはショートフックの連打から、右ハイを放つ。顔面にかすめたハイに続き、アッパーを受けるなど、リングが劣勢の中盤、残り2分を切りリングのパンチがヒットし、今度はマクギーが下がる。

左を打ち抜くリングやはり右へ移動している時の方がパンチが入るようだ。左を3発ほどクリーンヒットさせたリングだが、ここでは再び左へ回る。右ハイで左回りを止めようとしたマクギーは、残り15秒でダブルレッグを見せるが、これは決まらない。鼻血が多いマクギーはインターバル中に止血の処置を受ける。

3R、ダーティボシングに出たマクギーだが、リングはここでも距離を取る。マクギーは右ボディをヒットさせるが、次が続かない。左へ回るリングを追いかけるマクギー、リングは左から右を打ちこむ。

蹴り足を掴んだリングが、バランスを崩すがすぐに立ち上がる。マクギーは再び、ダーティボクシングからショートのフックを連打する。左を伸ばしたリング、マクギーの後ろ回し蹴りがボディにヒットする。懸命に距離を取るリングだが、マクギーが落ち着きアッパーを連打する。距離を取れずにパンチを受けるリングは、次にケージに詰まりそうになる。

前に出て来るマクギーに、ここでリングも左を2発から右を打ち込むが、スタミナの消耗が激しい。手数が多いマクギーは、右ハイから右ロー、さらに左を伸ばす。組みついたリングだが、力は感じられない。下がりながらパンチを受け、テイクダウンを潰されたリングだが、ギロチンを切り返してトップを奪う。

残り20秒、トップを維持したリングだが試合終了のホーンとともに、大きく肩を落とした。しかし、ジャッジは3者とも29-28でTUFシーズン11に続き、リングがマクギーを下した。