京大発ベンチャー企業が開発、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」量産開始!

写真拡大

グリーンロードモータースはこのほど、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の量産を京都府舞鶴市で開始すると発表した。

東証一部上場企業のニチコンや元ソニー会長の出井伸行氏の出資により、量産に向けての資金調達は完了しているとのこと。

グリーンロードモータースは京都大学発のベンチャー企業で、本社は京都大学VBL内にある。

量産を開始するのは日本製の伝説的なスポーツカー「トミーカイラZZ」のEVバージョン。

「トミーカイラZZ」は12年前にガソリンエンジンを搭載して発売されたトミーカイラ社製のスポーツカーで、アルミモノコックボディに4輪ダブルウィッシュボーンなどレーシングカーそのままのボディ構造を採用。

ヒーターさえもオプションとするなどシンプルに徹しており、走行性能はきわめて高かった。

今回のEV版「トミーカイラZZ」の開発にあたっては、大手自動車メーカー出身のチーフエンジニアの下、当時のトミーカイラのエンジニアが集結し、車体、デザインまで含めて最新の技術で刷新され、すべてが新しく生まれ変わる。

自動車生産はきわめて難易度が高いが、同社では「京都生産方式」で設備投資を大幅にコストダウン。

この生産方式では、金型やロボット溶接機などの高価な設備が不要となるという。

また、量産に必要な資金は一部上場企業のニチコン、元ソニー会長の出井伸行氏、元グリコ栄養食品会長の江崎正道氏など、そうそうたる顔ぶれの出資により、すでに調達は完了。

同社は資本金を1億5,000万円に増資している。