新東名開通で東名道の渋滞は緩和されるも… - NEXCO各社がお盆の渋滞予測

写真拡大

NEXCO東日本 / 中日本 / 西日本 / JB本四高速 / 日本道路交通情報センターはこのほど、お盆期間となる8月8〜19日の高速道路の渋滞予測と対策を発表した。

渋滞が予想される路線と時間帯を避けるなど、交通の分散を呼びかけている。

渋滞のピークとなるのは下りが8月11〜12日、上りが8月14〜15日と予想される。

ピーク時10km以上の渋滞は合計410回、30km以上は30回発生する見込み。

ちなみに昨年は10km以上が479回、30km以上が60回発生している。

このように渋滞が減少するのは新東名高速道路が開通したため。

東名高速道路の御殿場JCT〜三ヶ日JCT間の渋滞は昨年、10km以上が47回、30km以上が5回発生したが、今年は東名、新東名の合計で10km以上が2回、30km以上が0回の予想となっている。

新東名以外のエリアでも休暇の分散などにより渋滞は減少傾向にあるものの、場所によっては相変わらず深刻な渋滞も予想されている。

関越道下りは8月12日、所沢IC〜花園IC間で45km、中国道下りは8月11日、名神・京都南〜中国道・西宮山口JCT間で40kmなどだ。

NEXCO各社ではこうした渋滞予測をWebサイトなどで確認した上で、時間をずらすなど分散による渋滞緩和への協力を呼びかけている。

とくに深刻な渋滞が予想される路線では休憩所などに駐車場整理員を配置し、臨時トイレの設置などの対策を実施する。



続きを読む