フォルクスワーゲン、エコ運転競う「Think Blue. Challenge 2012.」 開催

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンはこのほど、米国で今年秋に開催されるエコドライブチャンピオンシップ世界選手権への参加権を競うイベント「Think Blue. Challenge 2012.」を開催し、その参加者を募集すると発表した。

「Think Blue. Challenge 2012.」はフォルクスワーゲンが主催する世界規模のエコドライブ選手権の実質的な日本予選。

優勝者は米国で開催される世界選手権「Think Blue. World Championship 2012.」に派遣され、日本代表として競技に参加することになる。

前回の大会は2010年に「エコドライブ チャンピオンシップ in ジャパン」として開催され、国内チャンピオンとなった工藤真輔選手はドイツのベルリン〜フランクフルト間で実施されたエコドライブ世界選手権「Think Blue. World Championship 2011.」に参加。

日本よりも制限速度の高い一般道に苦戦しながらも、「ゴルフ ブルーモーション」で平均燃費4.03L/100kmという成績で6位となっている。

「Think Blue. Challenge 2012.」の応募人数は関東、関西でそれぞれ30人。

参加資格は日本在住で普通運転免許取得後1年以上であり、各協議会に参加できること。

フォルクスワーゲンオーナーである必要はない。

応募は専用のWebサイトから行なう。