ルノー、22日まで全国正規ディーラーで「RENAULT SPORT WORKS FAIR」開催

写真拡大

ルノー・ジャポンは7月21〜22日の2日間、ルノースポールにスポットを当てた「RENAULT SPORT WORKS FAIR」を開催している。

ルノーは新型の「メガーヌ ルノー・スポール」と2台の限定車を7月12日に発売した。

いずれもF1を頂点とするルノーのモータースポーツ活動で培われたノウハウを取り入れて作られたスポーツモデルだ。

これらのモデルの発売に合わせ、22日までルノースポールにスポットを当てた「RENAULT SPORT WORKS FAIR」を開催することになった。

「メガーヌ ルノー・スポール」は従来モデルよりさらに15PSのパワーを上乗せした最高出力265PSを発揮するエンジンを搭載する。

「ルノーメガーヌエステートGT」は180PSのハイパワーなエンジンと6速マニュアルトランスミッションを組み合わせたスポーツエステートで、60台の限定発売。

「メガーヌルノー・スポールトロフィー」は昨年にニュルブルクリンク北コースで量産FF車最速ラップを記録したモデルの名を受け継ぐ。

30台の限定発売。

この3代を対象とした今回のフェアは全国のルノー正規ディーラーで開催され、商談、査定、アンケートプレゼントとして、メガーヌトロフィーのミニチュアカーにフラッシュメモリーを内蔵した「メガーヌトロフィー USB」がプレゼントされる。