カーシェアリングの市場動向、ステーション数・車両数ともに順調に増加

写真拡大

カーシェアリングの比較情報サイト「カーシェアリング比較360°」を運営するジェイティップスは、カーシェアリング主要8社の市場動向報告の2012年第2四半期版を公開した。

この市場動向報告は、「カーシェアリング比較360°」のデータベースをもとに調査したもの。

ステーション数は第1四半期より7.1%増加、車両台数も6.4%増加していることがわかった。

第1四半期は前年の第4四半期との比較でステーション数17%増、車両台数22%増と大幅な伸びだったが、それに比べると今回の増加率は少ない。

とはいえ、カーシェアリング市場は順調に成長していることが明らかとなった。

今期の伸びがやや鈍化した要因としては、昭和シェル石油が運営する「まちのりくん」が事業撤退した影響がある。

しかし、そうしたマイナス要因をカバーしてなお成長が続いていることはカーシェアリングの市場拡大が確かなものである証拠ともいえる。

2012年はカーシェアリング会員20万人突破が確実と見られており、「カーシェアリング普及元年」とされている。

ステーション数も500カ所突破が目前に迫り、今後の成長が期待されている。