1カ月で英語ペラペラになれるのか? ソーシャルメディアで公開チャレンジ

写真拡大

@ルーシーは、1人の男性が「もし毎日20分英語を勉強したら1カ月でペラペラになれるのか?」にチャレンジする様子を、7月19日からソーシャルメディアで公開している。

同企画は、「全く英語を話せない男性が、たった1カ月で屈強な白人男性、そして、ブロンドの美女と対等に英語で話せるようになるのか」という実験を、Facebook・YouTube・アメブロを使ってリアルタイムに公開してゆくもの。

英語を話せるようになりたいと思っていたが、いまだに話せるようになっていないという、平凡なサラリーマン横沢卓也氏が挑戦する。

横沢氏のもとには、英語の先生から毎日メールで学習指示が届き、横沢氏自身で学習内容をビデオで撮影。

アメブロとYouTubeで公開するとのこと。

さらに、FacebookやTwitterを使い、読者とコミュニケーションを取りながら検証する。

なお、7月24日からの英語学習スタートの前、「やらせなのでは?」と思われないように、ハワイで英語力を試している。

屈強な白人男性にダジタジになり、美しいブロンド女性に「What!?」と怒鳴られ、帰りたいと落ち込みながらも、外国人に声をかけ続ける彼の映像は、同企画サイトで公開されているとのこと。

チャレンジ期間は7月24日〜8月23日。

チャレンジ終了後は再度ハワイに飛び、1カ月でどれぐらい英語がペラペラになったのかを確認しに行く。

事前に読者からハワイでやってほしいことのアンケートをとり、横沢氏にやってもらう予定だという。