奥様はコマガール (55) 出会いたい女と出会いたくない男

写真拡大

たまに知人から「誰か素敵な人がいたら紹介してよ」と男女の恋の仲介役を頼まれることがあるが、その場合、なぜか大半が女性からの頼みだ。

僕ら夫婦の知人・友人には、年ごろ(アラサーから40歳くらいまで)の独身族が男女それぞれ一定数いるのだが、結婚や恋愛に積極的なのはいつも女性のほうで、俗に言う肉食女子の増加を実感したりする。

例えば、ある独身の女友達は現在32歳なのだが、ここ最近は会うたびに「誰か紹介して」「合コン組んで」「贅沢は言わないから出会いが欲しい」と懇願してくる。

彼女曰く20代のころは「ハゲ・デブ・オッサン・貧乏・バツイチ」を男性の5大NG条件に掲げていたらしいのだが、今は「ハゲはしょうがないから、別に気にしない」に変わり、「デブは痩せさせればいい」に変わり、「こっちも30歳を超えたのだから、40代のオッサンでも十分恋愛対象」と思えるようになったという。

経済事情に関しても「無職とか多重債務者とかじゃなければ、ある程度の貧乏はしょうがない」と考え方を改め、バツイチ問題に関しても「養っている子供がいなければ、バツイチでもいい」と寛容になった。

要するに、現在の彼女は独身男性でありさえすれば、ほぼ全方位恋愛外交に近い方針なのだ。

他の女性もそうだ。

彼女ほど極端ではないものの、あまり男性に贅沢な条件を求めてこない。

それより誰かと出会うことが先決であり、その後の良し悪しの判断は自分で勝手にするという。

肉食女子かどうかはともかくとして、少なくとも僕の周りの独身女性(30代以上)は恋愛活動に積極的だ。

年齢的に出産のことも頭をよぎるのだろう。

将来の不安や焦りを隠すことなく、正面から相談してくるからこそ、こっちも真剣に考えてしまう。

自分が知っている独身男性をなんとか紹介できないものかと、思案に暮れるわけだ。

しかし、そこで厄介なのが男性のメンタリティーである。

これはあくまで僕の知人・友人だけに言えることかもしれないが、なぜか年ごろ(アラサーから40歳ぐらいまで)の独身男性は女性に比べて恋愛に消極的なケースが多い。

冒頭の女性のように、「誰か素敵な人がいたら紹介して」と頼んでくる男友達は皆無に等しく、だからこっちも彼は恋愛に困っていないのだろうと判断してしまう。

浮いた話を一切聞かない男友達はかなりの数にのぼり、その中には条件的に優良物件(高学歴・高収入など)もちらほらいるのだが、彼らは一緒に飲んでいてもなぜか恋愛の話をしたがらない。

仕事や趣味の話が好きなのだ。

これはいわゆる草食系男子なのかと思ったものの、よくよく話してみると、それとはまったく別物だった。

彼らは決して自分からは恋愛の話をしないものの、こっちが「彼女ほしくないの? 」などと質問すれば好反応が返ってくる。

「そりゃあ欲しいけど、なかなかいい出会いがないんだよね」と首をひねり、自分が理想とする女性の条件を嬉しそうに語り出したり、果ては結婚願望を口に出したり、とにかく恋愛への渇望感をあらわにする。

そうか、女性に比べて男性はシャイなのか。

僕は勝手にそう判断した。

自分から積極的に「誰か女性を紹介して」と頼むのは照れくさいが、心の中では常に出会いを求めているのだろう。

ということは、例えば僕のほうから「紹介したい女性がいるんだけど」と提案すれば、彼らは目を輝かせて喜ぶに違いない。

ちょうど前述の女友達から独身男性陣との飲み会(合コン)のセッティングを頼まれていたところなのだ。

ところが、である。

先日、ある独身の男友達(36歳)にそういった合コン話を提案したところ、どういうわけかあっさり断られた。

「ありがたい話だけど、そういう飲み会は苦手なほうだから遠慮しとくよ。