八千代銀行、オフィスで取引可能「八千代外為ネット受付サービス」を開始

写真拡大

八千代銀行は17日、「八千代外為ネット受付サービス」を開始したと発表した。

八千代外為ネット受付サービスとは、法人に対しての業務効率化をサポートするサービスで、パソコンを利用して外国送金、輸入信用状開設等の申込みを行うことができるサービス。

オフィスにいながら取引可能で、窓口への来店やFAXの送信が不要となる。

提供しているサービスは、外国送金受付サービスと輸入信用状受付サービス。

パソコンがインターネットに接続でき、各種ホームページを閲覧できる環境であれば、午前8時から午後9時まで(銀行営業日に限る)利用でき、最長30日先まで申込み可能。

過去の履歴を利用して申込書を簡単に作成でき、事務作業の省力化が図れるほか、外国送金手数料は、店頭の申込みより1,500円、FAXの申込みより500円お得になる(国内送金手数料は、店頭およびFAXの申込みより500円お得になる)などの特典がある。