「妻の妊娠中にコスプレ不倫」で世の女性を敵に回した橋下徹市長

写真拡大

大阪市の橋下市長が「コスプレ不倫」をしていたという事実が発覚しました。愛妻家で子煩悩なイメージがあった橋下市長ですが、これは相当なイメージダウン。しかも、“不倫をしていた時期”が奥さんを傷つける、あの時期だったのです。
そこで、改めて橋下市長と奥さんのなれそめから振り返ってみたいと思います。

橋下市長は「スッチーコスチューム」がお好き?

大阪市の橋下徹市長(42)の不倫報道が世間を騒がせています。

不倫をしていたのは大阪府知事・大阪市市長に就任する前の2006年。そのお相手は、大阪の高級クラブに勤めるホステスの女性でした。

しかも、ラブホテルでコスプレセックスに興じていたという話も! ホステスの女性に着せたのはスチュワーデスのコスチュームだったそうです。橋下市長は「全部が事実ではない」としながらも、コスプレに関しては事実を認めたうえで、「娘に制服を着ろと言えなくなった」と自虐的に語りました。

橋下市長の苦労時代を支えた妻・典子さん

これまで愛妻家を公言してきた橋下市長だけに、今回の件はかなりのイメージダウンにつながってしまいそうです。

橋下市長と奥さんの典子さんは高校の同級生。卒業後、1年の浪人生活を経て早稲田大学に合格した橋下市長は、東京の安アパートで典子さんと同棲を始めます。
1994年に大学を卒業し、1997年に弁護士としてデビューするまで支えてくれたこの典子さんです。それなのに、浮気をしていたのはちょうど典子さんが第7子を妊娠しているとき。 “妊娠中の浮気”は、妻の立場からするとかなりショックが大きいものです。典子さんの献身的な愛を、最悪の形で裏切ることとなってしまいました。

昨日の会見後、奥さんから相当怒られたようす

昨日、不倫発覚後の会見では「これから家でものすごいペナルティーが待っている」と茶化して答えた橋下市長。最終的には「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない。知事になる前の茶髪の姿と重ねてもらって判断してもらいたい」と、開き直りともとれる発言まで飛び出しました。

それから一夜明けた今日、橋下市長は典子さんに関して「『理解してくれ』なんて無理な話で、僕は妻と子供に謝り続けるしかない。不倫は妻への最大の侮辱。最低の夫です」と言葉少なに語りました。どうやら典子さんに大目玉をくらったようす。これでしっかり反省してくれれば良いのですが……。

市民と家庭内の信用回復はかなり厳しい?

橋下市長本人も「市民の信頼が大きく失墜するのは間違いない」と話す通り、不倫の代償は厳しいものとなりそうです。

なんとか市民と家庭内の信用を取り戻すまで、ガンバレ橋下市長!


◆参考にしたい勝ちパターン!
30歳で電撃デキ婚!熊田曜子のモテ語録から勝ちパターンを分析

(参考)
【橋下徹大阪市長の元愛人が告白「裸の総理候補」| スクープ速報- 週刊文春WEB】
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1586

【橋下市長、妻とは未解決 不倫報道で2度目の釈明 | スポーツ 報知】
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120720-OHT1T00021.htm

【橋下市長 夫人の怒り「そら相当なもの」| 政治ニュース : nikkansports.com】
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20120720-986413.html


Written by かーねこばーん
Photo by 橋下 徹 オフィシャルウェブサイト(http://www.hashimoto-toru.com/)