【男性編】エレベーターに乗るときに気になることランキング


同乗者は何をする人ぞ





エレベーターに乗るとき、何かと気を遣いませんか? 狭い空間ですから、見知らぬ女性と同乗するときには、相手に不快な思いをさせたくないし……。まだ乗り込もうとしている人がいるのに、「閉」ボタンを押してしまうなんてこともあるかもしれませんね。そんなエピソードを、マイナビ会員の男性358名に聞いてみました。





Q.エレベーターに乗るときに気になることを教えてください(複数回答)

1位 乗る人数(人数オーバーにならないか) 16.9%

2位 自分の立ち位置 13.7%

3位 自分が操作ボタンを押したほうがいいのか 13.2%

4位 同乗者のおしゃべりの内容 10.3%

5位 同乗者のニオイ 10.0%







■乗る人数(人数オーバーにならないか)

・「とくに最後のほうだといやです」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「重量オーバーで降りなくてはならないことがあったから」(42歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「定員オーバーのブー(そういう音がするらしいが)が鳴ったらどうしようといつも思っている」(31歳/その他)





■自分の立ち位置

・「よく、立ち位置が中途半端になることがあるから」(29歳/小売店/事務系専門職)

・「立ち位置によって開閉ボタンを押したりしなければならないので、なるべく奥に行きます」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「上司や同僚と乗るときの立ち位置は、なかなか難しい」(31歳/金融・証券/営業職)





■自分が操作ボタンを押したほうがいいのか

・「まわりには常に気を配っておく必要がある」(25歳/金融・証券/営業職)

・「何階で降りるか聞いたほうがいいか、悩むことがある」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「先に乗ったときは、操作しなければと思う」(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■同乗者のおしゃべりの内容

・「会話の内容によっては、気まずくなるから」(24歳/機械・精密機器/技術職)

・「聞きたくはないけど、耳を澄ましてしまう」(30歳/金融・証券/専門職)

・「密室空間なので、聞きたくなくても同乗者の会話が耳に入ってしまうから」(27歳/その他/技術職)





■同乗者のニオイ

・「タバコのニオイは無理です」(27歳/情報・IT/技術職)

・「たまに香水くさい人がいる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「狭い空間なのでニオイ、音が気になります」(29歳/情報・IT/技術職)





■番外編:目のやり場がない!

・「目線に困る」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ジロジロ見ると失礼」(29歳/その他/技術職)

・「取りあえず、余計なことはしたくないので、階の数字を見ているようにしている」(32歳/情報・IT/技術職)





総評

1位は「乗る人数(人数オーバーにならないか)」でした。自分が乗ったら「ブーッ」とブザーが鳴り、降りるしかなかったという経験は、できることならしたくない! 特に自分が重かったというわけでもなく、たまたま最後に乗ったというだけでも、気恥ずかしいものですよね。





3位の「自分が操作ボタンを押したほうがいいのか」は、エレベーターに乗るときは、常に気をつけないといけないこと。それがめんどうだという人は奥へ行くそうです。「やっぱり自分が操作ボタンの係り」だと思って、その位置につく人もいます。特に上司と一緒の場合は、気を遣いますよね。





そのほかの意見としては、「地震や災害に巻き込まれたらどうしようか」というものがありました。突然、狭い空間に閉じ込められてしまったら、パニックに陥ってしまいそう。





自分が気を遣っているのと同じように、同乗する人も気を遣っていると思います。マナーさえ守っていれば、そんな緊張感が伝わらないように、リラックスして乗るといいのかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年5月21日〜2012年5月25日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性358名

調査方法:インターネットログイン式アンケート