【クイズ】ネズミどもは星、奥様は奥様にしかなれない。では神は?




ワカルくん(以下ワ) 「こわっ!」

ナゾダー博士(以下ナ)「(通りがかりに)ん? なんだ、真っ青じゃな」

ワ「いま、ラボに来てみたら、こんなカードが……」





日々、新しい【ナゾ】に挑み続ける「ナゾダーラボ」。研究員たる少年少女たちには、それぞれオフィスやハイテク機器が与えられています(子どものクセにご立派な待遇)。ワカルくんが思わせぶりなカードを見つけたのは、自分のデスクの前でした。











ネズミどもは星になる

奥様は奥様にしかなれない。

とするならば、

神は?







ナ「ふんふん、ミステリーっぽいのう。うふふふふふふふふ」

ワ「気持ち悪くワクワクしないでください、ブキミです! う〜ん、なんのイタズラかなあ。そもそもこれは【ナゾ】なんですか?」

ナ「うむ。これはわしに言わせれば初歩的な【ナゾ】じゃよ。しかし、な……」

(少しマジメな顔で辺りをにらんで)

ナ「ナゾダーラボのセキュリティーをかいくぐって、ここまで潜入してきた者がおるということじゃな。まったくのう、うちの守りもゆるいものじゃて」

ワ「博士には、もう答えがわかっているんですか?」

ナ「ワカルくん、このカード、発見した時には向きがさかさまになっていなかったかな?」

ワ「な、なんで! そんなことがわかるんですか!」

ナ「ずいぶんと、演出に気を配るイタズラもあったもんじゃのう」



皆さんは答えがわかりましたか?



答え合わせは来週のこの連載でします。またお会いしましょう!



(あたまソフト)





【先週の解答】

●問題



S→N→R→T

T→D→D→□



□に入るのは?



先週の問題の答え合わせです。法則性の【ナゾ解き】は、ひらめくとすぐ解けるものですが、思考が袋小路に入ることもしばしば。また、今回は問題が2段になっていて、「上の法則性を下の法則性に当てはめる」問題であるかのようにミスリードしています。



問題に扱われている「順列」は、至って単純なこちら。



ファースト/first

セカンド/second

サード/third

フォース/fourth



略しますと、



→1st

→2nd

→3rd

→4th



ですね。もうおわかりかと思います。頭の数字を除いた「ST」「ND」「RD」「TH」だけの部分を取り出して、前の文字が上段、後ろの文字が下段になっています。問題をヨコに見るだけでなく、タテにも見ればよかったのです。

ナゾダー博士が出した例題が、1から順の英数字の問題であったことは、実は例題以上に重要な「ヒント」でもあったわけですね。

法則性に従うと、□に入るのは4thの「h」の部分です。



【正解:H】