汗っかきより、汗をかかない人のほうがあせもになる!?


夏の気になる肌トラブルといえば、「あせも」。汗をかくことが原因ですが、あまり汗をかかない人の方が要注意なんです。





あせもは子どもに多いと思われがちですが、大人だって油断はできません。

そもそも、どうして「あせも」になってしまうのか。その原因と症状について、私のクリニック目白の平田雅子先生にお聞きしました。(以下、平田先生)



「あせも」は、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因で起こります。

汗腺で作られた汗は、「汗管(かんかん)」という管状の腺を通り、皮膚の表面にある「汗孔(かんこう)」と呼ばれる穴から分泌されます。

でも、大量に汗をかいてしまうと、皮膚の外への排出が間に合わず、皮膚の下にある汗管の中に汗がたまってしまいます。

そのたまった汗により、皮膚が炎症を起こしてしまうことを「あせも」といいます。



汗がどんどん出るようになって、汗の腺がつまらなくなるとあせもはできなくなりますが、大汗を初めてかいた日からしばらくはつまりやすい状態が続きます。

そして実は、汗っかきの人にあせもができやすいわけではないのです。

普段、汗をかかないからこそ、汗管に汗が詰まりやすくなってあせもを引き起こすこともあります。



みなさんが「あせも」と聞いて思い浮かべるのは、かゆみを伴う赤いブツブツができる症状を、専門用語で「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」といいます。

これとは別に、赤みやかゆみを伴わなず、常色調の小水庖ができる「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」と呼ばれる種類のあせももあります。

水晶様汗疹は、皮膚の表面に近いところに汗がたまるため、症状が軽いのが特徴です。



あせもの予防には、普段から適度に汗をかく習慣を作っておくことが重要。

また、汗をかいたらそのままにせず、シャワーで洗い流したりタオルでふき取り清潔にすることも大切です。

汗をかいたまま放置すると、皮膚の表面が汗の塩分で荒れることがあります。



特に、汗が乾きにくい頭・額・首・ヒジの内側・足の付け根・お尻・ヒザの裏側などはあせもができやすいので、こまめに汗をふきとるように心がけましょう。

もし、あせもができてしまったら、「たかがあせも」と思わずに、ひどくならないうちに皮膚科を受診してください。



(ビューティ&ダイエット編集部)